So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Chianti Classico 2015 San Giusto a Rentennano [中坊ですよ(˘❥˘)]


キャンティ・クラッシコ 2016 サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ

秋までには2016年のご紹介を予定していますが、2015年の再入荷も予定しています。セカンドビンテージにしてラストビンテージとなるらしいロザートの2016年は抱き合わせ販売を予定しています(なにその正々堂々感!)。

水茄子とトマトのカプレーゼ。水茄子って生で食べてもおいしいんすよね。お客様に頂いたとてもおいしいオリーブオイルが効果的です。手前の小さなピザ状のなにか‥は、餃子の皮ではなく、手のひらピザの生地という名前そのまんまのピザ生地です。分厚い餃子の皮ですね。もう3分我慢して焼いた方が良かったみたい。ボロネーゼはあたしの作品です。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Chardonnay 2016 Miani [毒味または晩酌]

写真 2018-07-08 18 24 12.jpg
(コルクもいいんだよなあ。ミアーニって。)

Chardonnay 2016 Miani
シャルドネ 2016 ミアーニ

このシャルドネは1本しか入荷がなかったのであたしが頂くことにする。

2016年から新しいクリュ名の付くシャルドネもリリースされているようですが(たぶん)、クリュ別の醸造は当然として、クリュ別に詰めることの是非はある。あたしは何もクリュ至上主義ではない。なんとなくクリュ名が付いた方が高値で取引される傾向にあるのはミアーニのみならず、バローロやブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、エトナも‥であるが、それはあくまでも単一畑からのブドウを使ったからであって、おいしいとはは限らない。

となると、クリュの付かない品種名だけのミアーニの白はクリュが付いたものよりもまずいとは限らないし、味は別としてクリュじゃないからっていう理由だけで安いならお買い得感ありますよね(それでも高額なワインだけれども)。


実際の蔵出し価格はあたしは知らない。きっと知らない方がいいような気もする。ひょっとするとクリュが付こうが、付かまいが同じかもしれない。でもそれはそれで蔵出し価格として真っ当な気もする。


クリュだからおいしいわけではない。クリュだからおいしいワインなら高くなっていい。それは仕方ないし当然。だからクリュが付かないからと言って並というわけでもない。クリュが付かないから安いわけでもない。単一品種でも様々な畑からのブドウを混醸した方が畑の個性はでないとしても、複雑さが増すはず。天秤にかけて後者も決して間違いではないからね。

それはさておき(置いとくんかーい!)、2016年のミアーニのシャルドネ‥これまた旨いわ!そりゃ旨いわ!当たり前のように旨いわ!こんなん真似でけへんわ!11月にちょっとだけ追加で入荷するかもしれません。

たぶん、全部俺が飲むけど(お前が飲むんかーい!)


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

広島ウロウロ滞在記〜再会スペシャル〜その2 [飲んだの喰ったの]

IMG_3595.jpg

原爆ドーム。近くまで行ったのは初めてかもしれません。

広島って結構都会なんですよね。そもそもお好み焼き屋さんだらけやし。

大阪とはぜんぜん違う。

道路も広くて歩きやすいしね。いい街だなあ。


さて、お昼はホテルのおいしい和食を頂きました。

再会スペシャルはお客様と‥でもありますし、ワインと‥でもあるんですね。
かつてあたしが販売し、お客様が購入頂いたワインとの再会。

IMG_3597.jpg

ベルテッリのジアローネ1999年です。内藤さん曰く、アンジェロ・ガヤの師匠だそうです(へー)。いい熟成していますね。樽ドネらしい熟成香はほんのりで、トロットロとまではあと5年はかかるか?トロっとしてきた段階。ボディ感満載でほんと旨い。

IMG_3603.jpg

クリュ・シャーレのフリウラーノ、初ビンテージの2012年です。これも絶賛煽ったなあ(煽ったんかい)。少し大人しめでしたが、フリウラーノらしいオイリーな飲み口。この頃は樽もしっかり効いてたんだよなあ。今は知らんが‥。

IMG_3608.jpg

ブラインド。蘇りましたよ。この独特の香味。でも、名前が思い出せなくってね。でも、まあ当たりました。そう、再会スペシャルですから、あたしは全部飲んでるはずなんですよね。エンリコ・フォッシのサンジョヴェート、サンジョヴェーゼを主体にネロ・ダヴォラまで混醸されています。この独特の‥個性の塊。ほんと蘇る。

IMG_3613.jpg

これほど終売になって悔やまれるロゼも珍しい。メルロからなるチャントンス、2005年です。いい意味で軽やかになりつつある。でも、メルロが枯れているわけではない。

すばらしい再会に感謝。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Langhe Nebbiolo 2015 Oddero [毒味または晩酌]

写真 2018-07-04 18 50 46.jpg

Langhe Nebbiolo 2015 Oddero
ランゲ・ネッビオーロ 2015 オッデーロ

もちろん、そのバローロを飲みたいわけですが、やはりネッビオーロは熟成させたいんですよねえ。でも、若い内からネッビオーロを楽しむなら、ランゲ・ネッビオーロやネッビオーロ・ダルバ、もちろん、ランゲ地域以外にも良質なネッビオーロもあるわけで。

バローロやバルバレスコの生産者がランゲ・ネッビオーロをどう造るか?は、それぞれ思想も違う。若樹からのブドのみで造る場合もあるし、熟成途中の樽を格下げする場合もあるだろうし。そもそも樽熟成させているものもあれば、ステンレスタンクで品種特性を表現したい‥なんんて生産者もある。

どれが正解という問題ではなく、このランゲ・ネッビオーロはその生産者のライナップでの立ち位置か?どういう意図があってそうなったのか?は確認もしておきたいし、意識もしたい。なるべく、わかる範囲でテクニカルな情報は記載していますので、ご一読頂き、汲んで頂ければと思います。

さて、オッデーロのランゲ・ネッビオーロは、本拠地であるラ・モッラに所有する樹齢約15年のネッビオーロが栽培されている約2haの畑からのブドウ。ある意味、この畑はランゲ・ネッビオーロ専用なんでしょうね。いくつか所有するバローロの著名なクリュからのブドウやキュベが格下げされるわけではなさそう。

では、オッデーロのスタンダードな村名バローロは?輸入元資料では決してセカンドではないとのこと。ラ・モッラにあるクリュ・バローロとしては詰めていない複数の畑からのブドウやなんだかんだとクリュのブドウも一部使われるそうですが、畑毎に醸造して、樽熟成途中でアッサンブラージュしてその年のスタイルを決める(いい意味で平均化する)ようです。

となると、ランゲ・ネッビオーロは村名バローロのセカンドでもないし、クリュ・バローロのセカンドでもない。村名バローロも、クリュ・バローロのセカンドでは決してないようですし(一部は使われていたとしても)、では、クリュや、村名で使われなかったキュベやブドウがあるとしたら?売っちゃうのかな?オッデーロお場合、ランゲ・ロッソは造ってないようですしね。

とはいえ、要はお味ですね。実は2016年もすでに日本市場でリリースされているのですが、たとえ1年でも‥しかも2015年ということで…な、わけですが、酸味もすばらしいけれど、このネッビオーロのタンニンが凄くおいしいですね。同じラ・モッラ村でもやっぱり造り手によってぜんぜん違うのも実感。

ネッビオーロのコシ、構成感もバッチリ。暑苦しくないバランスもいい。ワイン単体で楽しませるような甘味はありませんので、やっぱり食事と一緒にネ!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理