So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

優雅な朝食を。 [飲んだの喰ったの]

写真 2018-01-13 8 39 55.jpg

あたしのような、おフランス食品振興会認定のおコンセイエともなると、朝食はおフレンチトーストにおカフェオレざんすのよ。

エスプリ効いてるでしょ。

(マグカップが"Baci"やないかい!)


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Brunello di Montalcino Our 40th Harvest 2012 Altesino [毒味または晩酌]

IMG_1864.jpg

Brunello di Montalcino Our 40th Harvest 2012 Altesino
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・アワ・40th・ハーベスト 2012 アルテジーノ

完売御礼。

何も内容を思うとそこまでのディスカウントする必要もありませんが、お年玉価格でした。

「バランス」という一番伝わり難い表現多様で申し訳ないと思いますが、口を酸っぱくして書きますが、アルコールのコントロールが上手になってきた‥のは、バランスの良さを感じさせる要因のひとつだと思います。

散々2012年をネガティブに扱っておいて手のひらを返すようですが、ほんと、思ったよりも随分といい。もちろん最高ではないかもしれないけれどもこのワインもバランスがいいのでとても飲みやすい。味にバランスが取れているのであれば、あとはそんなネガティブなイメージを覆す価格的バランスを取ればいいのです。

"Our 40th Harvest" なんで英語やねん!

現地仕様でイタリア語表記があるのかどうかは不明です。

さて、パニエに寝かせての抜栓とサービスの練習はしております。キャップシールを剥ぐのがまだヘタクソですけどね。キャップシールの素材感を見分けてなんとか、シュ、シュの二回ぐらいでペロリンチョできるようになりたいと思います。コルクスクリューに関しては、横になっていても余裕で真ん中に挿すことができますね。ダブルアクション愛用ですので、そこからの抜栓も特にブレることなく上手くできるようになりました。ただ、ラギオールなどシングルアクションのソムリエナイフも使いこなすとカチョイイのですが、やっぱりダブルアクションの方が使いやすいかな。

ちなみに、毒味をするための若いワイン、澱のないワインの場合、パニエに寝かせての抜栓と最初の一杯目を注いだらあとは立て置きです。二日目、三日目もですからね。寝かせておくと、空気に触れる表面積が増えるので‥という理由です。とはいえ、空気を抜くことはしませんけどね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理