So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Il Carbonaione 2015 Podere Poggio Scalette [毒味または晩酌]

写真 2018-01-09 9 22 41.jpg

Il Carbonaione 2015 Podere Poggio Scalette
イル・カルボナイオーネ 2015 ポデーレ・ポッジオ・スカレッテ

正月休みの飲み始めたもので、グラスとの写真を撮るの忘れてました。

すでに2015年のキャンティ・クラッシコはご案内済。このイル・カルボナイオーネとカポガットは待望の2015年が入荷しています(カポガットは完売しました)。

2015年推しなのはご存知の通り。2014年との差を思うと尚更ですが、(カポガットは割当本数少なく長らく飲めてませんが)イル・カルボナイオーネは比較的ビンテージによる出来不出来の差が少ない銘柄を2015年を飲んで再度実感した次第。オフビンテージでもそれなりに、十分においしい。もちろん良いビンテージは当たり前のようにおいしい。とても安定している。

それをネガティブに考えると良いビンテージでもその恩恵が少ないと感じられるかもしれませんが、そうは考えないで頂きたい。現在はその直系セカンドとなるキャンティ・クラッシコもあるのも一因かと思いますが、品質が満たないものは平気でバルク売りもガンガンしちゃう生産者ですので、イル・カルボナイオーネの品質が保たれているとも言えます。

ワインの世界は矛盾だらけかもしれません。

その年の気候などを率直に反映することも大事です。決して良くないビンテージに自然にまかせて(語弊あり)造れば、オフビンテージはオフ、オンビンテージはオン、ハッキリと分かれるかもしれません。

しかし、人為的な介入として造り手の英知、努力をもっていかなるビンテージでもアベレージの品質を保ち(目指し)それを反映することも大事です。それがそのビンテージの表現が希薄になったとしてもです。

どっちも間違いじゃない。

そう、どちらかだけが正解でないのを覚えておいて下さいね。

イル・カルボナイオーネおサンジョヴェーゼはとても個性的。ラモーレのクローン特有の個性と捉えられがちですが、実は、ポッジオ・スカレッテ特有の個性です。

サンジョヴェーゼ100%のIGTはほんと(過小評価と思うほど)お求めやすいですね。なんでこんなお値段なんだろ?まあ、嬉しいんだけど(ちょっと悔しい)。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヴェーナ@烏丸丸太町 [飲んだの喰ったの]


(昨年のお話です)

緊急召集。アルバから白トリュフが緊急輸入されたと聞いて。

ヴェーナ(Vena)
住所:京都府京都市中京区鏡屋町46-3
電話:075-255-8757


IMG_1355.jpg

ほんの一部です。

決して白トリュフは良いビンテージではなかったようですが、香り十分。

たまんないですね。やっぱ好きやわ。

IMG_1352.jpg

北海道産の雲子と原木椎茸のグラタン仕立て

白子のチーズに白トリュフ‥いきなりノックアウトされました。

IMG_1359.jpg

徳島県産 石鯛のカルパッチョ 自家製の唐墨をまぶした聖護院大根 紅玉りんごのソース

とてもはんなりした味付けです。

IMG_1371.jpg

丹波篠山産 猪の自家製サルシッチャ レンズ豆の煮込み 温泉卵 プティヴェールのチップ

イノシシ味しっかり。レンズ豆と温玉、白トリュフもバッチリですわ。

IMG_1377.jpg

北海道産 北寄貝の低温調理(55℃の出汁で2時間)菊芋のブッラータ和え 江戸柿のソース フィンガーライム

なめらかな菊芋のピュレに、ブラッラータが、ホッキ貝を優しく包み込みます。

IMG_1385.jpg

自家製タリオリーニ 津居山のセコガニのソース

これはヤバかったなあ。セコガニの内子、カニ味しっかりの出汁が絡みます。

IMG_1391.jpg

カニに白トリュフがアリだなんて!

IMG_1399.jpg

黒米のリゾット トランペット茸と百合根のソース 生ハム添え

生ハムの塩気がうまく活用されています。

IMG_1404.jpg

もちろん白トリュフをスリスリでバージョンUP!

IMG_1408.jpg

ビュルゴー家のシャラン鴨 胸肉の炭火焼き 鴨肝のソース 生トンブリと山牛蒡のマナサミコ酢がけ
鴨が、俺のタンと同調する。

IMG_1411.jpg

もう白トリュフ、かけまくっちゃうで!

IMG_1418.jpg

ミルクジェラート マナサミコと白トリュフ

別腹にも。

IMG_1423.jpg

自家製プリン

さらに別腹にも。。

IMG_1424.jpg

お茶と小お菓子

カモミールでほっこり。

IMG_1345.jpg

マイオリーニのブラン・ド・ノワールです。

IMG_1361.jpg

カ・デル・ボスコの白。トロりんちょ。

IMG_1364.jpg

ロアーニャのクリケット・パイエ。1977年です。

IMG_1392.jpg

ロアーニャには白トリュフをパラリ。

IMG_1382.jpg

ジャコーザの赤ラベル(リゼルヴァ)は1996年のアジリです。

IMG_1434.jpg

二次会はK6の西田さんのお誕生日会でした。Venaの早川シェフの特別お料理(グラタン)に白トリュフをどっさりかけて。

感謝。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理