So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Montevertine 2015 Montevertine [毒味または晩酌]

IMG_4978.jpg

Montevertine 2015 Montevertine
モンテヴェルティーネ 2015 モンテヴェルティーネ

決して煽り立てるつもりではありませんが、これまで飲んだモンテヴェルティーネの中で最もレ・ペルゴレ・トルテに近いと感じさせる2015年です。まんまレ・ペルゴレ・トルテではありません‥念のため。

きっとそう感じるのは、やっぱりアルコール度数です。モンテヴェルティーネおサンジョヴェーゼ感が13.5度だと、これまでのレ・ペルゴレ・トルテに似てくる。2015年のレ・ペルゴレ・トルテは14度を超えるから、それまでのレ・ペルゴレ・トルテよりも強く感じる。でも、ピアン・デル・チャンポロになると14度という高いアルコールだからって、モンテヴェルティーネにもレ・ペルゴレ・トルテと見紛うほどではなく、いつものピアン・デル・チャンポロであるの、やはり使用されるブドウや、醸造の違いで高止まりがあるのだろう。もちろん、だからってピアン・デル・チャンポロが‥という話ではない。

となると、モンテヴェルティーネは価格的に相当有利になる。

2015年はなおさら。

レ・ペルゴレ・トルテと使用されるブドウはもちろん違う。しかし醸造はほぼ同じだ。となると、クリュの違い、もちろん樹齢なども違うだろうが、ブドウの個性の違いがその違いのほとんどを占めるが、結局やっぱり似る、いや、近い。

レ・ペルゴレ・トルテは憧れだけれども、半額以下となると、2015年のモンテヴェルティーネのコスパは超絶高い。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。