So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

St.Magdalena Muller Thurgau 2017 Cantina Bolzano [毒味または晩酌]

IMG_4883.jpg

St.Magdalena Muller Thurgau 2017 Cantina Bolzano 
サンタ・マッダレーナ・ミュラー・トゥルガウ 2017 カンティーナ・ボルツァーノ

そもそも先日の輸入元さんの試飲会で飲んで、(あら、やっぱりおいしいじゃないの‥最近ご無沙汰だったわ。一本いただこうかしら‥)と、サンプルを購入してキメた次第。

ここらへんは、それなりの規模の生産者のものを、それなりの輸入元が扱って始めてコスパが発揮できる。もちろん、小規模生産者のものを、小規模輸入元さんが扱っているここらへんのワインを否定するわけではない。でも、モロモロが反映された暁の価格と内容を精査すると…なかなかキビしい部分が一番見えるのがここらへん。

それなりの規模の生産者だからって工業的なわけではない。小さな生産者だからって丁寧に造られてるようなイメージ戦略もあるかもしれませんが(クラフトビールと同じね)おいしいかどうかに規模なんて関係ないんですよ。「小さな造り手の」という形容詞に夢を見るの否定はしませんが‥。

さて‥ミュラー・トゥルガウ。その起源はリースリングとホニャララを掛け合わせてできたとか、諸説ありますが、その昔から「掛け合わせる」ということもあるのですよね。掛け合わせることによって、より高品質で、個性のあるブドウが生まれることもあるわけですね。個人的に好きな品種のひとつ。ケルナーとかね。本当はフランスのシュナン・ブランが好きなんだけど、イタリアにはないのよねえ‥。

で、いい意味でニュートラル、これぞまさしくイタリアの白ワインらしい味わい、使い勝手。手頃な価格も嬉しいですね。デイリーの白にどうぞ。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。