So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Le Cupole 2016 Tenuta di Trinoro [毒味または晩酌]


(広島カープ優勝記念にすればよかった‥)

でも、味わいは例年通り。もちろんセパージュ比率も毎年同じではないが、その比率を変えることでレ・クーポレのスタイルが守れるんでしょうね。だから混醸は(も)おもしろい。2016年はメルロとカベルネソーヴニョンがちょっと増えて、カベルネフランがちょっと減りました。それでもなお、カベルネフランが筆頭品種なんですけどね。

フランケッティってほんとカベルネフラン好きなんですよね。とことん、そこを追求してるんだろうな。近年はカベルネフラン単一のカンポ・シリーズもリリースしていますが、それは畑の違いを表現したもの。でも、テヌータ・ディ・トリノーロや、レ・クーポレは、カベルネフランを表現するに、他の品種を混醸しているのかもしれません。

作為的、人為的という意味ではなく、毎年よく出来たワインだなあと関心します。2016年もレ・クーポレのおいしさ‥当たり前を当たり前にできてる‥うん。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。