So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Dreams 2015 Jermann [毒味または晩酌]

IMG_4390.jpg

Dreams 2015 Jermann

ドリームス 2015 イエルマン

長らくドリームスは飲んでませんでしたが、いつの間にかスクリューキャップになってるんですね。コルク至上主義ではありませんので問題はありません。スクリューキャップ内側のボトル先端、液体と接触するパッキン的な何かと、コルクとではどちらが耐性があるかどうかは知りませんが、スクリューキャップの方が機密性が高く、熟成もゆっくりであるのは実感としてありますので、最初の10年ぐらいならスクリューキャップの方が安定した熟成をするような気もします(知らんけど)。

樽ドネはかくあるべき。

と思わせるほどバチン!と決まった新樽比率高めのバリック(たぶん)の新鮮なヴァニラ香。新鮮さにはクリアなミネラルもありイタリアワインっぽい(いや、イタリアワインです)。もちろん、まだ若いのもあるんだけれども、もう一層の深みや凝縮度があれば、この樽香と吊り合うと思うのだが、そういう意味でのバランスは‥うーん、でも、この樽ドネとしての(香りの)インパクトは、それだけで満足感がある(ように、演出されている)んだよね。

思い切ってもっとアルコール度数も高くてもよかったんだと思うな。ボリュームも樽香から連想されるほどではない。もっとマッチョに、もっと豊満に‥この樽香とのバランスならね。 

これが5,980円税込なら「あり」なんだけれども。そういう意味でのバランスももっと。

あたしなら倍出してミアーニかな。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。