So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Langhe Bianco Collaretto 2007 Oddero [毒味または晩酌]

IMG_4216.jpg

Langhe Bianco Collaretto 2007 Oddero
ランゲ・ビアンコ・コッラレット 2007 オッデーロ

完売しております。

グラスが曇ってますので‥実物はもうひとつ深い色合いです。

シャルドネもリースリングも長熟なブドウとなりますね。樽熟成させているわけではありませんし、生産者がどこまでの熟成を見据えてこのワインを醸しているのかは不明ですが、現実に流通段階のどこかで熟成させていた(セラーで何年も棚卸で引っかからなかった可能性もありますが‥)ブツが出てくるというのがワインのおもしろいところです。そう、並行モノですから生産者からの蔵出しではありませんよ。

きっと誰かが、このワインを熟成させてみよう‥と考えたに違いない(し、そう思いたい)。そういうデッドストックがポロンと、カサブタが剥がれるように出てくるのがワインの仕入れや、並行モノのオファーの膨大なリストを読み解くのがおもしろく醍醐味なんすよねえ。

そもそもビアンキスタですし、白の古酒も大好物。もちろん、外れることも(たいして旨くなかった‥など)ありますが、比較的お手頃価格で入手(冒険、賭け)もできるので(そもそも白の古酒に需要あまりなければ、市場もちっちゃい)、想像通り以上の当たり(高配当)だとめっちゃ嬉しいんですよね(ギャンブル依存症か!)。

ランゲ(ラ・モッラ)のシャルドネとリースリングの混醸ですか。こういうのがイタリアのおもしろいところでもありますね。そういえば、某シチリアではカベルネフランとシャルドネ混醸のロゼとか造ってたなあ(遠い目)。

シャルドネの果実がもう少し強いのか?と思っていましたが、ベースはリースリングですね。混醸ならではの複雑さはもちろん。現行比約7年となりますが、老ねたような熟成したニュアンスはなく果実の香味は健全でクリアですよ。古酒としての進度を思うとまだ先があるように思いますし、どこかでシャルドネが前にパーンって出てきそうなんだけどなあ。それがいつかはわからない‥それも古酒のおもしろいところ。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。