So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Etna Bianco 2017 Terre Nere [毒味または晩酌]

IMG_4184.jpg


エトナ・ビアンコ 2017 テッレ・ネレ

モトカノ謹製の万願寺とうがらしと茄子の焼きたものと。これがいい。万願寺とうがらしのピリっとした感じが(辛いとまではいわない)白ワインを進める。茄子も大好きなんですわ。こういう肴があると、イタリアワインは楽しいし、もっと、グッとおいしくなる。ワイン単体で楽しむことを否定はしないが、やっぱりなんか肴があると相乗効果があるのがイタリア。

だってそういうお国で生まれるワインなんですもの。

ということでテッレ・ネレのエトナ・ビアンコもしれーっと2017年に年号が変更となりました(まだ2016年が1本残ってたかもしれませんが)。島のワインは本土のビンテージチャートとはちとかけ離れる。しかもエトナのように標高が高いとなおさらで、比較的安定している印象。2017年もちゃんとエトナらしいミネラルがあり、柑橘の香味がおいしい。

それにしても万願寺とうがらしとの相性はほんといい。カツオブシをチラつかせるのもいいかもね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。