So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Rosato 2016 Sesti [毒味または晩酌]



なかなか濃い目の色合いでしょ?グラスはZaltoのユニバーサルです。ヴィノムのリースリングの二日目は色が薄くなった的なことを書きましたが、結局、注ぐ量(がグラスによって変わる)他モロモロで、三日目にこのグラスに注いだら同じ色でした。

渋味、酸味があり、その構成を思うと赤ワイン的に使えるタイプのロゼ。そこそこしっかりしたお食事にも対応できそうですね。甘過ぎないのもいい。ちょっとレンテンナーノのロゼ2016年に似ている(2015年はよりタニック)。

キンキン温度から萎縮感はないが、少し温度が上がってもユルまないのもステキです。

おじさんのように夏場はどっしりした赤がしんどくなると、こういうのが嬉しい。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。