So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Rossj-Bass 2007 Gaja [毒味または晩酌]

写真 2018-06-15 19 20 28.jpg

Rossj-Bass 2007 Gaja
ロッシィ・バス 2007 ガヤ

白はGajaのこのロッシィ・バスか、ガイア・エ・レイ、アルテニ・ディ・ブラッシカあたりの古酒があれば仕入れています。ただし、ほぼ売ることはありませんけれども。

今回、複数ビンテージを購入しましたが、一部液漏れが疑われるボトルが(複数本)あり、この2007年はそのひとつ。液漏れも色んなパターンがあるわけですが、このボトルはコルクを押せば動いてしまうタイプのコルク外周とボトルネック内壁がヌレヌレのタイプ。かと言って、キャップシール外にまで漏れてはなんだけれども。また、白ワインの場合、漏れて酸化すると茶褐色になるのですが、そういう形跡もない。でも、キャップシールに鼻を近づけるとほのかに良い香りが‥。

基本的に液漏れ疑いのボトルは返品しちゃうのですが、今回は全量引き取りました。なぜなら販売用ではないからです。あたしもワインのプロとして液漏れの具合によって味わいにどのような変化があるのかなど検証もしたいですしね。まあ、教材にしてはお高いですが。

思ったよりも黄色が濃いのは、少し酸化傾向にあるからだと思う。思ったよりも老ねた、進み過ぎた香りはないし、リッチでカスターディで、理想的なシャルドネの古酒らしさがあり、液漏れしていたとは思えないが、やっぱり2007年にしては進んでるかな。ロッシィ・バスはもっと熟成耐性があるので、2007年ならまだまだのはず。

でも、その進みが8年ほどタイムトラベルしたようなお得感があるから不思議。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。