So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Il Carbonaione 2015 Podere Poggio Scalette [毒味または晩酌]

写真 2018-01-09 9 22 41.jpg

Il Carbonaione 2015 Podere Poggio Scalette
イル・カルボナイオーネ 2015 ポデーレ・ポッジオ・スカレッテ

正月休みの飲み始めたもので、グラスとの写真を撮るの忘れてました。

すでに2015年のキャンティ・クラッシコはご案内済。このイル・カルボナイオーネとカポガットは待望の2015年が入荷しています(カポガットは完売しました)。

2015年推しなのはご存知の通り。2014年との差を思うと尚更ですが、(カポガットは割当本数少なく長らく飲めてませんが)イル・カルボナイオーネは比較的ビンテージによる出来不出来の差が少ない銘柄を2015年を飲んで再度実感した次第。オフビンテージでもそれなりに、十分においしい。もちろん良いビンテージは当たり前のようにおいしい。とても安定している。

それをネガティブに考えると良いビンテージでもその恩恵が少ないと感じられるかもしれませんが、そうは考えないで頂きたい。現在はその直系セカンドとなるキャンティ・クラッシコもあるのも一因かと思いますが、品質が満たないものは平気でバルク売りもガンガンしちゃう生産者ですので、イル・カルボナイオーネの品質が保たれているとも言えます。

ワインの世界は矛盾だらけかもしれません。

その年の気候などを率直に反映することも大事です。決して良くないビンテージに自然にまかせて(語弊あり)造れば、オフビンテージはオフ、オンビンテージはオン、ハッキリと分かれるかもしれません。

しかし、人為的な介入として造り手の英知、努力をもっていかなるビンテージでもアベレージの品質を保ち(目指し)それを反映することも大事です。それがそのビンテージの表現が希薄になったとしてもです。

どっちも間違いじゃない。

そう、どちらかだけが正解でないのを覚えておいて下さいね。

イル・カルボナイオーネおサンジョヴェーゼはとても個性的。ラモーレのクローン特有の個性と捉えられがちですが、実は、ポッジオ・スカレッテ特有の個性です。

サンジョヴェーゼ100%のIGTはほんと(過小評価と思うほど)お求めやすいですね。なんでこんなお値段なんだろ?まあ、嬉しいんだけど(ちょっと悔しい)。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。