So-net無料ブログ作成

informazioni sugli eventi

---
前の4件 | -

Vie di Romans Chardonnay 2017 Vie di Romans [毒味または晩酌]

IMG_6609.jpg

Vie di Romans Chardonnay 2017 Vie di Romans
ヴィエ・ディ・ロマンス・シャルドネ 2017 ヴィエ・ディ・ロマンス

飲み続けているワインが新しいビンテージになることで、自分もまた‥ひとつ、歳をとったんだなあ‥と(しろめ)。

さて、樽ドネ。

もう「安定」の言葉しかありませんが、2016年とあえて比較すると、2016年よりも少し華やかで、もう少し樽が効いてる(特に初日)。でも、確かにアルコール度数が下がったがゆえのボリュームの量と、飲みやすさがありますね。

ちょっと前までは、樽が効いてるかどうかハッキリしない時期もあり(樽ドネは樽の効き具合だけじゃないんだけれども、樽ドネらしさといえば樽になるしね)、じゃぁお手頃価格のチャンパニスでええんちゃうのん?と、少し思ってた時期もあるが、ちゃんと差別化されてるし、樽熟成のコスト分お高いのもヨシちゃん納得しちゃう!

イタリアのシャルドネ(と、ピノ・ノワール)は、なかなか諸外国産と比較すると‥なおかつコスパだけで考えると‥うーんと思うこともあるんだが、サン・キュッ・パーでこの酒質だとイタリアらしさも兼ねそなえ、やっぱ最強なんじゃない?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Dessimis Pinot Grigio 2017 Vie di Romans [毒味または晩酌]

IMG_6613.jpg

Dessimis Pinot Grigio 2017 Vie di Romans
デッシミス・ピノ・グリージョ 2017 ヴィエ・ディ・ロマンス

横からだともう少し赤味がかった色になります。でも、ロゼではありません、白です。しかも、醸しで色を抽出したわけではなく、果肉の色なんですね。

毎年のことですが、夕張メロン(白い果肉系の赤味を帯びた果汁)と、ブラッドオレンジ(柑橘系の中でも赤々しいタイプ)の共演。今年は、この数年で一番ハッキリと樽の風味も感じ、そして持続しています。

ヴィエ・ディ・ロマンスらしさという個性と、ピノ・グリージョからなるワインの中でもさらに際立つ個性がかけ合わさり、唯一無二の個性的なワインになっています。

2017年はまだ樽ドネとこのデッシミスしか毒味をしてませんが、例年よりも樽のハッキリ、でも果実味はしっかり、そして華やかさもある。いい意味で食事は必要ない。ワイン単体でその複雑さ、個性、おいしさを堪能して欲しいですね。

やっぱりヴィエ・ディ・ロマンスってすごーくおいしい。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Chianti Classico 2015 Valdellecorti [毒味または晩酌]

IMG_6583.jpg

Chianti Classico 2015 Valdellecorti
キャンティ・クラッシコ 2015 ヴァルデッレコルティ

穏やかな旨甘味が浸透するように口の中で馴染むタイプです。抜栓後の時間経過でさらにまとまりや馴染みもありますが、初日からすんなりと飲めるストレスのなさもヴァルデッレコルティらしい。もともと、(いい意味で)当たり障りのないタイプですが、2015年のバランスは尚更、それを完成度の高さと感じさますね。

試飲会ではあまりパッと印象に残るタイプではないが、こうやって1本をじっくりと飲みこなすとヴァルデッレコルティの良さが理解できます。

パッとしないデザインのラベルに改良の余地ありかな。味は文句なしですよ。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Sauvignon 2017 Bortoluzzi [毒味または晩酌]

IMG_6587.jpg

Sauvignon 2017 Bortoluzzi
ソーヴィニョン 2017 ボルトルッツィ

鶴橋でアサリを買うときは、ココか、ココというお店があります。

特にアサリを買うつもりはなかったんですけど、めっちゃ元気でね。つい買ってしまいました。

となるとボンゴレビアンコ。

そうだ、義母が家庭菜園で作るニンニクも到着したばかり。まだ乾燥してないから包丁を入れるとニンニク汁が溢れる。もちろん芽も真っ白で取り除く必要もない。みずみずしい香りがいいんですよねえ。

それからシャコ。見た目はあまり得意ではありませんが、宮城県産のボイルシャコがお安かったので。味濃いのよね。酢醤油にしようかと思いましたが、そのままの塩気で十分。

ワインはボルトルッツィのソーヴィニョン。清々しいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -