So-net無料ブログ作成

informazioni sugli eventi


---
前の4件 | -

Vie di Romans [飲んだの喰ったの]


25日の定休日から27日の水曜日まで連休をいただきますのでブログの更新もお休みさせていただきます。

12日のランチタイムでしたね。ヴィエ・ディ・ロマンスからジャンフランコ・ガッロ氏と奥様、お嬢様が来日されておりました。小売店、卸売店が集まってランチミーティング、勉強会です。

イル・チェントリーノ
住所:542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町1-2-2
電話:06-6762-5902

IMG_5902 2.jpg

ジャンフランコ・ガッロさんとお会いするのは前回来日以来ですね。

IMG_5876.jpg

紅芯大根 毛ガニ

IMG_5880.jpg

はまぐり ポゼッリ 米のソース

IMG_5881.jpg
米のソースをかけて‥

IMG_5883.jpg
完成。

IMG_5903.jpg
キレイですね。

IMG_5885.jpg

ホワイトアスパラ 雲丹 卵黄

IMG_59031.jpg
お父さんに似てますね。

IMG_5889.jpg
ホタルイカ たらの芽 筍のバーニャカウダ

IMG_5891.jpg
タヤリン ウサギ 芽キャベツ フレッシュトマト

IMG_5904.jpg
スタイルいいですねー。

IMG_5894.jpg
茶美豚のロースト ラヴェンダービネガーのソース

IMG_59041.jpg

笑顔がステキです。

IMG_5898.jpg
ピスタチオと抹茶のブリュレ オレンジソース

IMG_59042.jpg

好きです。






(おい!)

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大相撲三月場所 [西野家専用]

IMG_5943.jpg

この数年、恒例となっている大相撲観戦です。

一応満員御礼だったようですが、今年は3人枡席が設定されるなど、昨今のゴタゴタもあり、相撲協会も少しは危機感があるのかもしれません。

スポーツというよりは格闘技ですかね。一番、一番の勝負、駆け引きはなかなか面白いものですよ。

ただ、枡席も狭いし、背中にパイプが当たるのも痛いし、もうちょっとどうにかなりませんかね。外国人観光客も昨年にも増して観戦していましたが、椅子席じゃないとしんどいですね。

ルール自体は難しくないかもしれませんが、英語でのアナウンスは‥無理かなあ。

IMG_5946.jpg

向正面、10列目、ほぼ真ん中で今回は近く見えました。杉山さんはいつもの席に居てましたよ。

ちなみに、飲み物も食べ物も持ち込み放題です(持ち込みはご遠慮下さい‥と、書いてありますけどね)。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Castello di AMA [毒味または晩酌]

IMG_5922.jpg



色味はセルロイドな赤、悪く例えると駄菓子屋の赤い着色料のゼリーのような色。じゃあ、セルロイドが良い例えかどうかは知らん。サン・ジュスト・ア・レンテンナーノのロゼほどタニックさが前ではないけれども、ふくよかでほんのりと甘味のあるロゼの果実味もあるが、タンニンも酸も比較的しっかりしている。ある程度の大振りのグラスにも対応できるし、ワイン単体で十分楽しめる。逆に合わとすると、塩気の強いプロシュートやサラミよりは、薄切りのロースハムとか、モルタデッラのカツなんかどうだろう。もちろん、そこにフルーツトマトもあっていい。火を通したパプリカをマリネしたもの(にしの家でたまに出てくる)もいいかもしれない。まあ、あまりアッビナメントを気にせず楽しんで欲しい。


IMG_5917.jpg




どうやら近年のアマは、アルコール度数を低く(ある意味回帰)コントロール(語弊あり)しているようだ。このCCは12.5度しかない。そう、昔のCCは12.5度あたりが一般的だった。そういう意味でも味わいはクラシカルかつトラディショナル。これを飲めば、モンタルチーノのサンジョヴェーゼと、キャンティ・クラッシコのサンジョヴェーゼの違いがわかると思う。だからって古臭いわけじゃない。いい意味でメルロも感じさせない。低いアルコールのおかげで、飲み口はとてもスムース。飲み応えは満足度を上げるが、こういうワインも楽しんで欲しい(満足度が低いという意味ではないよ)。


IMG_5928.jpg


Cardonnay Al Poggio 2016 Castello di AMA

シャルドネ・アル・ポッジオ 2016 カステッロ・ディ・アマ

このシャルドネも度数は低く12.5度だ。でも樽は効いてる。樽ドネにはそれなりにアルコール由来のボリュームも欲しい。この度数で造るなら、樽を必要とせず、もっと新鮮なシャルドネでもよかったかもしれない。華麗にスルー。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Sassicaia 2015 Tenuta San Guido [毒味または晩酌]

IMG_5120.jpg

Sassicaia 2015 Tenuta San Guido
サッシカイア 2015 テヌータ・サン・グイード

ティニャネッロ2015年とともに久々に飲んで良かったなあと。

あたしもなんでもかんでも毒味してる(できる)わけではないんだけれども、毒味するのって大事だなと再確認しました。今飲んでもおいしいんだけども、サッシカイアの場合は古酒も旨いんだよなあ。生産本数は決して少なくないので、80年代もないこともないんだけども、ちょっと探してみようかな。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -