So-net無料ブログ作成

Ciro Rosso Classico 2016 Librandi [毒味または晩酌]

写真 2018-04-04 20 44 10.jpg

Ciro Rosso Classico 2016 Librandi
チロ・ロッソ・クラッシコ 2016 リブランディ

これまでもチロはちろっと扱ってるんですけどね(ここだけやぞ笑うとこ)。

田舎臭く、雑さを感じるものはもちろんダメだけれども、土着品種らしい滋味や地味のかけらもないマーケティングの産物的なものもイヤですね。

リブランディはカラブリアでも比較的大規模な生産者ですが、どの土着品種であるガリオッポらしいマラスキーノ・チェリーや、ベリー、スパイスの風味もしっかりあるし、そもそも赤ワインとしてヌケもない。もっと軽い酒質かと思ってたんだが、真っ当なミディアムで飲み応えもある。酸味、渋味に不足感はなく、果実味はおおらか。

海の近く、標高が高くない地域の赤ワインらしいそのおおらかさがとてもいい。

月並みなだけど「毎日楽しんでほしいワイン」。

軽く冷しても大丈夫。赤味の魚、血合いのある青魚でも大丈夫。それにレモン絞ってもいい。トマトとオリーブオイル、塩さえあればスルりと1本飲める(あ、俺は何もなくても飲めるけど)。

地酒ってそうであるべきだし、「あるべき」だなんて考えないで、「意識せずともある」のが地酒。

いい地酒です。

こういうのもイタリアワインの醍醐味。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Friulano 2015 Miani [毒味または晩酌]

写真 2018-03-29 19 12 36.jpg

Friulano 2015 Miani
フリウラーノ 2015 ミアーニ

先日ご案内した追加入荷分ですが瞬殺でした。

12本のみの入荷。実はもう少し割当があると予想していましたので実店舗に鎮座していた最後の1本を開けた次第。かれこれ最初に飲んでから1年が経過していますので、色も一段深くなったように見えますし(たぶん気のせい)、少しトロ味も出て来たような気がします。フレッシュ感が落ち着いたのは明らかですね。

ミアーニらしい樽香、果実味の凝縮感はやはり他のワイン達とは違いますね。ミアーニを飲んでる‥という満足感も少しは手伝いますが、価格も気にならないほどの圧倒的なおいしさもあるんですよね。なんだかんだとミアーニって旨いんだなあ。特にこの2015年のフリウラーノはお買い得だったと思います。品種にもよりますし、クリュ名が付くかどうかもありますが、10,000円を越えるか、越えないかはとても重要ですもんね。

また、デモノがあれば、がんばって確保したいと思います。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Brunello di Montalcino Vigna di Pianrosso 1999 Ciacci Piccolomini D'Aragona [毒味または晩酌]

写真 2018-03-07 18 43 29.jpg

Brunello di Montalcino Vigna di Pianrosso 1999 Ciacci Piccolomini D'Aragona
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ヴィーニャ・ディ・ピアンロッソ 1999 チャッチ・ピッコロミニ・ダラゴナ

しみじみとブルネッロって旨いなあと思わせてくれる一本ですね。

ほどよく熟成感も出てきましたが、旨味が酸味に牽引されるように伸びやかですね。あたしが「いい墨汁(筆も大事だけど)」と表現するときは、墨汁のように「(色などが)濃い」という意味ではなく、「伸び」ですね「擦れのない」いい墨汁(筆も大事だけど)が真っ白な和紙の上を墨色の擦れさせずに伸びていくイメージ。それなりに筆に含ませてあって、塗りたては、照りがある。

2010年のブルネッロ・ディ・モンタルチーノに、2015年のロッソ・ディ・モンタルチーノを中心にお客様には執拗にブルネッロ・ディ・モンタルチーノとしてのサンジョヴェーゼにお付き合い頂いています。あたしと一緒にその経験値はかなり積み上がったと思いますよ。

善し悪し、得手不得手、どんなものが好みか‥自分のそれを感じてられるのではないでしょうか。

ただ、にしの家の家訓でもありますが‥

「好きは嫌いの始まり」

ですので、あまりにも溺愛すると、憎しみもその分増えるかもしれません。あたしの場合は広末涼子と藍チャソに関してはそれがコントロールできていますから、溺愛しても、その反動はまったくない。ただただ愛があるだけ。

でも、まだまだ(イタリア)ワインに関しては好きがあれば、嫌いがある。何もコントロールする必要もないのかもしれませんが、その先には‥広末涼子や、藍チャソを愛すのと同じように、もっと広い心、深い愛で(イタリア)ワインに接することができるような気がしています。

そいう意味でもしみじみと旨さを感じるのはそれに近づく過程かもしれません。

とても好きなワインです。



























スピリチャルな感じで書いてみました。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Le Pergole Torte 1983 Monvetertine [毒味または晩酌]

写真 2018-04-01 17 40 30.jpg

ちょっとTwitterにも書いたのですが、決算棚卸をしてますと状態に疑問を持つボトルもたまに出てきます。液漏れしているか否かを、キャップシールが回るか否かだけで判断するのはとても残念なことですが、このキャップシール頭のようにきっと何かが漏れ出たものが、腐食のような何かを起こしてるような感じだと、どうやら液漏れしてそうですね。この1983年のレ・ペルゴレ・トルテは複数本所有しておりますので、他のボトルをしげしげと見比べてみても、これは液漏れと判断しました。

では、どうして液漏れするのか?このワインも同じロットの同じワインを同じように保管していたのに、このボトルだけが液漏れする理由。

それはコルクの当たりハズレが原因だと思われます。長い熟成の間に、コルク外周と、ボトルネック内壁の密着に隙間が生まれる‥そういうコルクだったんでしょうね。中心部から染み出るパターンもあります。本当は湿度さえ保っておけば、ボトルは寝かさずに立てて保管した方がいいのでは?と思うこともシバシバ。やはりコルクのお尻が長らくワインに接触すると浸透しますからね。

では、液漏れしていたらおいしくないのか?劣化しているのか(もちろん可能性は高くなる)?となるとこれまた違う話しなので結局は経験と、どう向き合うかによってこのワインがおいしいか否かなわけです。

写真 2018-04-01 17 42 39.jpg

キャップシールを剥いてみました。

白いのは漏れた液体に付いたカビなんでしょうね。ボトルネック内壁とコルク外周にはワインが酸化した茶褐色の漏れ跡があります。この感じですと漏れてから結構な日数が経過していると思うのですが、なぜ昨年の棚卸では、引っかからなかったのでしょうね。

写真 2018-04-01 17 45 00.jpg

もう少しキレイに拭きます。かなり頑固にこびりついていますので、これぐらいで。コルク頭に1983の刻印がありますね。この時点でぜひコルク頭を嗅いでみて下さい。酸化した香りがあるかもしれませんし、コルクの香りと健全なワインの香りもするかもしれません。GAJAの古酒もコルクが甘い香りするのですが、このボトルもとても甘いコルクの香りとワインの香りがあります。

写真 2018-04-01 17 50 33.jpg

Le Pergole Torte 1983 Monvetertine

レ・ペルゴレ・トルテ 1983 モンテヴェルティーネ

いわゆる「顔なし」です。

いつ仕入れたのかは覚えていませんが、今となっては破格で仕入れています。となるとなおさら売り辛いので売り物ではなくなった私物ストックという名の不良在庫です。

レ・ペルゴレ・トルテの古酒は久々に飲みましたが、おそろしいほど健全に熟成しています。もちろん熟成香もありますが、深い果実の香味、甘味も深いですね。もっとエレガントかと思ってたのですが、非常に重量感もあるフルボディ。思い出したのはレ・ペルゴレ・トルテ・リゼルヴァ1990年ですね。あれも例年とはスタイルが違い、重く深く男性的でした。この1983年はそれに似た男性的な酒質と感じました。

重く深いんだけれども、古酒特有の飲みやすさ、ストレスなく浸透するのでスルっと飲めてしまう。いやあ、これは旨い。

絶対に売らない。


そうそう、コルク確認しておきましょうね。

写真 2018-04-01 17 47 01.jpg

コルク側面外周は頭までワインで染まっていますから。まあ、液漏れですね。でも先の画像のように頭の中心部は染まってませんので、ギリギリでいつも生きていたいから〜あ〜あ〜(カトゥーン)だったんですね。コルクはさすがに5.5cm。これが4.5cmや、5cmなら‥液漏れしていたかもしれません。



あれ‥?





あれあれあれ…?




























コルクがイル・ソダッチオやんか!








コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理