So-net無料ブログ作成
検索選択

シャウエッセンか! [頂き物生活]

写真 2017-08-10 12 52 20.jpg

お客様からの頂き物‥(役得‥役得‥)。

皮がパリっと、パキっとしてるのよね、ソーセージみたいに。

甘過ぎないが未熟じゃない。真っ赤だけど、トマト本来の緑の要素だってある。

力強いトマト。


おいしい。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Nuragus di Cagliari i Fiori 2016 Pala [毒味または晩酌]

写真 2017-08-08 20 46 33.jpg

Nuragus di Cagliari i Fiori 2016 Pala
ヌラグス・ディ・カリアリ・イ・フィオーリ 2016 パーラ

ラベルデザイン一新。

個人的にはこちらの方がシックで上品なデザインかと。

ただし、"NURAGUS" "i fiori" "PALA" 三種類のフォントがちょっとウザいかなあ(どうでもええやんか)。

お味は2015年同様、サルディーニャの夏を思わせる白ワインに仕上がっていますね。なかなかヌラグスだなんて品種も飲み慣れないかと思いますが、何も癖モノではありません。

イタリアらしいヴィーノ・ビアンコなスタイルは、サッパリとしていてイキイキとした酸味がフレッシュ、柑橘を主体とした果実の香味とお花の香りも少々、食事を選ばないのも使い勝手がいいですね。

特別なワインではありませんが、毎日消費するならこういうのんがええねんよね。

輸入元フードライナーさんが選ぶこのあたりのワインは、イタリア料理屋さんも使いやすい感じなのが多いですね。もちろん、一般ご家庭にデイリー仕様とイコールなわけ。

「これでええやん」

そう思える一本です。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Franciacorta Brut Blanc de Blanc NV Cavalleri [毒味または晩酌]

写真 2017-08-06 18 20 19.jpg

Franciacorta Brut Blanc de Blanc NV Cavalleri
フランチャコルタ・ブリュット・ブラン・ド・ブラン NV カヴァッレリ

輸入元さんへの発注も一段落。暦通りな輸入元さんもないわけではないが、明日以降、弊社の夏休みもありますのでしばらく入荷もないのでぼちぼちになりますね。

ビンテージが切り替わるワインや、新規取扱い予定のワイン、ちょっとご無沙汰だったワインなどなど、沢山サンプルを購入していますのでぼちぼちと毒味も進めています。

14日の月曜日も通常は定休日ですが営業します。16日(水曜日)から20日(日曜日)まで五連休させて頂き、21日(月曜日)の臨時営業、22日(火曜日)から通常営業となります。

このブログも16日から20日まではお休みになるかな。TwitterInstagramで近況報告になるかもしれません。

さて、にしの家のハウス・フランチャコルタであるカヴァッレリ。残念ながら関西では取り扱う飲食店さんは少ないとのこと。

他勢力さん達が頑張ってらっしゃいますからねえ(意味深)。

現ロットもほんといい、シャルドネ感満喫です!



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Sangiovese di Romagna Superiore 2015 Villa Papiano [毒味または晩酌]

写真 2017-08-03 17 42 44.jpg

Sangiovese di Romagna 2015 Villa Papiano
サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ 2015 ヴィッラ・パピアーノ

バックラベルには"Romagna Sangiovese DOC"と記載されています。

見た目で判断してはいけませんが、ラベルデザインだけ見ればあたしが苦手な臭っさい、臭っさい、ビオ臭するチョメチョメ派なワインに見えます。しかも輸入元はテラヴェールさんですから、あたし臭っさくて、臭っさくて飲めないビオ臭するチョメチョメ派のワインが2/3ほどありますからね。

しかし、同じくロマーニャ地区でクリーンで繊細なサンジョヴェーゼであるノエリア・リッチを醸すフランチェスコボルディーニ氏が手掛けているということでネガティブな先入観はなしです。ビオかどうかという基準は否定しませんが、ビオでないとという思想はありませんので。

輸入元担当さんが実店舗にヴィッラ・パピアーノを全種類持参頂きまして試飲、アンフォラ熟成のアルバーナも決して苦手なタイプではありませんでしたが、コスパモロモロでこちらに決定、サンプルを1本購入して毒味→採用となりました。

ビオ臭さどころか田舎臭さもありませんが、どこか滋味溢れる野生のフルーツの香味がなかなか楽しい。未知の品種バルサリーナが5%とありますが、その個性もあるのかもしれませんね。

サンジョヴェーゼらしいスミレや、プラム、チェリーの風味もしっかり。豊富で上質な酸味も美味ですが、確かに標高の高さも感じる引き締まり具合。心地良いリズムのタンニンもあるし、素直に肉が欲しい、肉が欲しい。

テラヴェールさんはこのボルディーニ氏のワインを初めてからエミリア・ロマーニャ充実中ですがなかなかいいですよ。たまにはトスカーナを離れてサンジョヴェーゼを飲んでみるのもいいですね。違いもあるし、共通点もある。


ちなみに、こちらのAlbana(アルバーナ)種からなる"Tearra!"という白ワイン、アンフォラでのマセラシオンと発酵、熟成が施されるタイプで、フランチェスコ・ボルティーニ氏らしい塩味溢れるミネラルのメリハリあるタイプですが、ラベルが乳首丸出しです…お見知りおきを(そこか!)。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理