So-net無料ブログ作成
検索選択
イタリア出張記:2011年版 ブログトップ
前の10件 | -

晒されておる。 [イタリア出張記:2011年版]





わかりました?


スクリーンショット(2011-05-07-19.08.36).jpg



コメント(2) 

おまけ。 [イタリア出張記:2011年版]

DSC01631-14-01-15.jpg


ここが例の寿司屋です。

以前は、手前の小さなテーブルはなく‥

ネタケース前のカウンター4席でした。

ホテルのすぐ近くですので‥

折りをみて入ってやろうと思っていたのですが‥

席数増やした割には‥

誰ひとり‥客が入ってる試しも‥形跡もない‥

よく、店が持っているものだ。

厨房には中華鍋‥

焼うどんつくるのかな。

2,3人、アジア人らしきキッチンスタッフが‥

いたり、いなかったり‥。

何日目だったか‥

隣のシシカバブ屋でサボってる‥

あのシンガポール人が‥

眼が合いましたが‥

覚えてくれてなかった。

そりゃそーだ。

やる気があるのか、ないのか‥

今日も、きっと明日も客はなし‥

あと何年もつのか‥

見届けてやろう。

コメント(0) 

おまけ。 [イタリア出張記:2011年版]

なんだか、ほぼ盗撮みたいな画像ですが‥


IMG_3781.jpg


俺に背中を向けるジジ・ブロ。


IMG_3784.jpg


茶色のジャケットを着ているのが‥
サリクッティのフランチェスコ・レアンツァ氏。


コメント(0) 

晒されてる‥。 [イタリア出張記:2011年版]

で、"Chianti Classico Collection 2001"を画像検索すると‥


chianti-classico-collection2011-(2).jpg


バッチリ晒されてる‥^^;

いつみても男前だなぁ(キッパリ)

まるでイタリア語しゃべってそうですが‥

しゃべれません(キッパリ)


とりあえず‥まとめのメルマガも出したし‥もちろん、もっとお伝えすべきこともあるのですが、それは追々‥ワインをご紹介する際にね。元々、時差ぼけが解消されない内に帰国したので、日本に帰ってからは初日だけ?ちょっと楽です。そろそろ‥本業‥いや、イタリア出張も本業なのですが‥ワインのご紹介に移らなければ‥。

コメント(2) 

2月21日:アリタリア機内食 [イタリア出張記:2011年版]

ということで‥短かったような長かったような‥充実した出張もいよいよ終了。空港に行くまでのしばしの時間は、フィレンツェの街を散歩したり、お土産を買い足したり‥名残惜しい時間を。

では‥機内食。


DSC01929.jpg


日本食にしたのが悪かった。残念なサーモンのお刺身に、カラアゲのような何か‥と、ごはん。イタリア食だとラザニアのような何か‥でしたので、そちらの方がよかったかなぁ。


DSC01931.jpg


うーん。残念な朝食。

ながら、文句はない。



コメント(0) 

2月20日:Trattoria Sant'Agostino 23 [イタリア出張記:2011年版]

フィレンツェ‥いや、イタリア最後の晩餐はこちらで。


Trattoria Sant'Agostino 23


住所もSant'Agostino 23。アルノ川を渡ったところにございます。


DSC01909.jpg


アーティチョークの野菜炒め/ニシュラン★

文句なし。


DSC01911.jpg


タン/ニシュラン★

文句なし。


DSC01913.jpg


パスタ/ニシュラン★

乾麺なのですが‥なんとかいう有名なパスタだそうです。

トマトソースも上品で文句なし。


DSC01915.jpg


パスタ/ニシュラン★

パッケリ。海老もソースも旨いのなんのって‥文句なし。


DSC01919.jpg


象の耳/ニシュラン★

ホンモノの象の耳ではなく、

実際には象の耳の肉ではなく、豚のお肉を叩いて平べったくした感じ。

牛肉バージョンもありました。

前歯で歯形を作りながら食べるのがオススメ。


DSC01923.jpg


ボッリート・ミスト/ニシュラン★

まぁ、この店‥ハズしませんね。


DSC01927.jpg


別腹


DSC01925.jpg


別腹


イタリアでこんな美味しいチーズケーキが喰えると思わなんだ。


コメント(0) 

2月20日:小雨のフィレンツェを散歩。 [イタリア出張記:2011年版]

DSC01898.jpg



DSC01903.jpg



DSC01905.jpg



DSC01901.jpg



DSC01907.jpg



DSC01896.jpg



DSC01895.jpg


女子は隠してもらえて得だな‥オイ!


コメント(2) 

2月20日:散歩しながら喰ったもの。 [イタリア出張記:2011年版]

無事仕事も終了。まる一日な最終日は、お土産物を物色でフィレンツェを奔走。ながら小腹も大腹も空くわけですね。


DSC01883.jpg


路地裏で、小さな小窓からランプレドットを売ってるお店。

超カワイイ女子が作ってたので‥

もちろん買いました。


DSC01882.jpg


値段の割にいは小さいぞ。


DSC01892.jpg


小さなランプレドットでは腹が満たされないので‥

こちらのお店で‥


DSC01888.jpg


ポルケッタをば。

ひょっとするとパニーニ・コン・ラ・ポルケッタの方が好きかもしれない。

美味しかった。


コメント(0) 

2月19日:モンタルチーノの夜。 [イタリア出張記:2011年版]

無事、Benvenuto Brunello 2011のテイスティングも終了し、今回の渡伊のお仕事はとりあえず終了。Chianti Classico Collection同様に、生産者達が集まるという晩餐に参加させて頂くことになりました。しかし集合は20時‥それまでちょいと生産者巡りでございます。


DSC01857.jpg


San Giuseppeで縦飲みさせて頂きました。

ステッラさん‥魅惑的な美人ですね。


DSC01858.jpg


Salicuttiからの眺めが素晴らしいんです。


DSC01859.jpg


絶好のロケーションに畑。


DSC01861.jpg


いやーたまんないわ。


DSC01863.jpg


ちなみに‥

イタリアの他州から(だと思う)のソムリエさん達が訪問中で
フランチェスコ・レアンツァ氏も大忙し。
西野嘉高は、ちらっと醸造所を観て来ただけですみません。


DSC01865.jpg


Salvioniさん家‥熟成庫も兼ねています。
本当に、モンタルチーノの街中にあるんですね。
発酵層などは、畑の近くだそうです。


DSC01867.jpg


サルヴィオーニのピンポン。
こちらも見学の方で一杯で、
ジュリオ・サルヴィオーニ氏も大忙しでした。
西野嘉高も熟成庫で、あの変形玉子型樽を観ましたよ。


DSC01873.jpg


さて‥モンタルチーノでの最後の晩餐はこちらのお店。
サルヴィオーニ家とは小さな公園を挟んだお向かいです。

いやぁやっぱりイタリア語できないと話にならんわ。

まぁ詳しい話はメルマガで。


DSC01871.jpg


モンタルチーノ‥素晴らしいな。



コメント(0) 
前の10件 | - イタリア出張記:2011年版 ブログトップ