So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の10件 | -

Chianti Classico Riserva 1995 Riecine [毒味または晩酌]

IMG_1934.jpg

Chianti Classico Riserva 1995 Riecine
キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ 1995 リエチネ

ご覧の通り、コルクを折りました(自白)。

この1995年の他に1997年、1998年、2006年の4ビンテージ。どれから飲もうか?あれこれ考えるのもワインの楽しみですね。

結局一番古い1995年にしました。現行が2015年ですから20年後に思いを馳せるのもいい。1995年の熟成状態を確認してから、他のビンテージの開け時や、グラスの選択、など戦略を思案するのもワインのたのしみです。

もちろん、ワインの経験値も積み上げるにあたり、縦飲みはとても重要でとてもいい経験になります。

1995年。それなりに澱もありますが、キチンと澱を落とし、注意を払って注げば最後の一杯までクリアな期待をたのしむことができました。熟成香もありますが、まだまだフルーツもしっかり感じることができます。注ぐ度に、まずは熟成したニュアンスが先頭に来ますので、注いでからやさしくスワリングしたり、少し時間をかけて頂けると、それらな馴染み、フルーツをより感じることができるはずです。

あまり古酒を嗜まない方にもいいと思いますよ。同じサンジョヴェーゼですが、モンタルチーノのそれとは明らかに違う。キャンティ・クラッシコ地区らしいサンジョヴェーゼの古酒感、個性がしっかり感じられます。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Rozato 2016 Monteraponi [毒味または晩酌]


ロザート 2016 モンテラポーニ

もうすぐ売り切れそうです。

2月になると輸入元の試飲会も始まりますので、また、夏に向けて新着ロゼもご案内したいと思います。もちろん、これまで扱ってきたロゼの新ビンテージも候補ですが、2017年はちとネガティブかもしれない。しかし、オフビンテージは(2017年がそうとは限らない)はセカンドや、スタンダードクラスにデクラッセされたものがあったりと思うとロゼも逆に期待できたりするのかもしれません。


知らんけど(知らんのかい)。

実はこの月曜日はにしの家はコストコに行ってました。そこで調達したのが牛タンです。にしの家界隈、生の牛タンの入手などいとも簡単ですが、タンはアメリカ産の輸入でいいんです。基本煮込み前提ですし、コストを考えると和牛は手が出ませんしね。

モトカノ作でタンシチューも並行して煮込み中ですが、まずはタンステーキ。国産よりもお安いので、贅沢に分厚く切りましょう。そして、賽の目に切り込みを入れてバターでソテー(ああ、最後に醤油ジュンとするの忘れてた)。

決して脂を噛んでるわけではない部位。もちろん、バターでそれを補うんだけれども、レモンもかけて重過ぎない仕様とすれば、重い赤ではない、軽やかさある赤か?

案外、軽やかな赤がないなら‥


ロゼがいい。

ちなみに、あたしが焼いたのですが、まーべらすな火入れ。タンらしいレア感は、俺の舌か、牛の舌か迷うような まったり感、決して脂っこいわけでもない、いい意味で赤身的な肉味にはロゼが似合うわあ。これがタンシチューでデミソースになると、どっしりした赤が欲しくなるけども。

賽の目に切り込みを入れて焼くのもいいですね。エッジ部分と、肉感溢れるレアの部分のコントラストが好きです



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Brunello di Montalcino La Casa 2006 Caparzo [毒味または晩酌]

写真 2018-01-12 18 29 25.jpg

Brunello di Montalcino La Casa 2006 Caparzo
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ラ・カーサ 2006 カパルッツォ

ご覧の通りコルクは5,5cmです。抜栓時には気をつけて下さいね(あたしも危うく)。

これまでもカパルッツォのBDMラ・カーサはいくつかご案内してきましたが、この2006年は初めてですね。現行は2012年あたりになるかと思いますから、たかだか6年の差。でも、それが「たかだか」でないのもヒシヒシ。BDMも上級クラス(クリュやリゼルヴァなど)は、そりゃあリリース時に確保しておくのが得策ですが、そこから第一次飲み頃までのストックにヤキモキしますよね。もちろん、リリース直後からおいしいもワインはおいしいんですけども。

2年、3年まずは熟成させてみるか。まてよ、2006年‥2000年代最高のビンテージじゃないか、ならば5年、6年。実はそう考えているのは海外の市場もそうなのかもしれません、最近2006年、2004年あたりの第一次飲み頃を迎えるであろう上り坂状態のブルネッロをチラホラ。

さて、2006年のラ・カーサ。飲み始めが金曜日、二日目が土曜日、日曜日はお出掛けしちゃったし、月曜日は他のワインを飲んじゃったので火曜日が五日目でした。三日目、四日目、ボトルを立て置きし一切触ることがなければ(動かさない)、そう酸化が進むわけでもない。瓶内、液内の酸素がゆっくりとまろやかにさせてくれるとも言える。そういう意味でもまだまだ熟成への期待もあるわけだが、今飲んでやはりおいしい。

まとまり、馴染み、丸み、溶け込み、一体感。

こういうのはデキャンタで無理矢理開かせてもアンバランスな表現にしかならない。そのワインが持つバランスは、時間をかけてあげないとチグハグになる。開いているとこ閉じてるとこ、硬いとこ、やわらかいとこ。その継ぎ目。

ゆっくり飲んで下さい。まだ早いという意味ではありません。

何も抜栓した日に消費する必要なんてありませんよ。

一週間ぐらいかけて飲んでみるのもいいのではないかな?初日と一週間後、それほどの差はないはず。ただし、動かさない、触らなければ‥ですけどね。

ああ、ますますブルネッロが旨い。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ACアダプタ新調&バッテリー交換しなければ。。。 [リンゴ専用]


久々にMacネタです。

現愛機であるMacBook Pro Retina (Late 2013)を購入したのは、それこそ2013年の末。かれこれ5年目に突入しています。

これまでの機種なら液晶のバックパネル交換の必要に迫られたかと思いますが、Retinaディスプレイ、バックライトはLEDで、いまだに購入時と変わらない鮮やかさ、明るさを保っています。


これまでの機種なら丸4年の使えば、きっとハードディスクのクラッシュの1度や、2度経験したかもしれませんが、現時点でSSDになんの不具合もない(過信禁物やけどな)。いやあ、ほんとSSDにして良かった。起動も早いしね。

OSが対象外になるまでは使えるんじゃないかと思っています。というか、これ以上薄さも必要ないので、SDカード他、各種スロットのない現行に躊躇もする。

なお、OSはまだMarveriksを使用中。すでに最新のiTunesがMarveriks対象外なので、そろそろ最新のOSに上げたいんですが、一日仕事なのでね(正月にヤルつもりだったんだけど)。

問題もある。


ACアダプタ。iPhoneしかり、Appleの電源回りはほんとダメ。断線しちゃう。しかもACアダプタで8,800円もするのよ!高過ぎやわ。かと言ってAmazonで売ってる怪しいのは電源回りなのでコワくて手を出せないしね。

そして、遂にやって来たのがバッテリー問題です。



スクリーンショット 2018-01-18 8.47.50.jpg

さすがにバッテリーがヘタってきましたね。充放電回数も1,000回越えましたので「状態:間もなく交換」の表示となりました。2時間はもたないですね。YouTubeとか観ちゃうとあれよあれよです。こうなるとACアダプタに繋ぎっぱなしで使用が中心になります。

そろそろ新機種を買うか?黒色モデルも出てますしね。でもタッチバーとかいらんし、やっぱりUSB-Cのみとか不便やわ。あれやこれやで20万か、でもバッテリー交換って2万以上するんだけれども。やはり、OSに見放されるまではこのままでもいいような気がする。

仕事上、一番重量なデバイスですから、これはバッテリー交換をしようとApple正規サービスプロバイダを予約しました。きっと心斎橋のApple Store?と思われがちですが、もうミナミは外国人だらけでしんどいので、最近はルクアの上の「カメラのキタムラ・梅田・蔦屋書店」にしています。待ち時間は蔦屋書店で本も読めるし、スタバもあるしね。そもそもApple Stora心斎橋はコミ過ぎ。梅田にもひとつ作ればいいのにね。





T9784061728950.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Franciacorta Riserva Non Dosato SUBLIMIS 2008 Uberti [毒味または晩酌]

IMG_1780.JPG

Franciacorta Riserva Non Dosato SUBLIMIS 2008 Uberti
フランチャコルタ・リゼルヴァ・ノン・ドサッジョ・サブリミス 2008 ウベルティ

セール価格で最初にご案内したのが昨年の2月ですから‥かれこれ一年を迎えようとしています。その後、新しいビンテージが入荷した形跡もなくどうされるんでしょうかね。あたしもこの価格なら‥とプライベートでも昨年はよく消費したフランチャコルタのひとつです。 

あ、ちなみに完売しております(実店舗に少しだけ)。

昔はスパークリングワインはあまり飲まなかったんですけれども。今やフランチャコルタを中心にスプマンテはにしの家の食生活にドハマリしております。ワイン単体でもたのしめますし、あまり食事を選ばないのも使いやすいですね。

「とりあえずビール」から、「とりあえずスプマンテ」を。

実践しております。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Brunello di Montalcino Madonna delle Grazie 2009 Il Marroneto [毒味または晩酌]

写真 2017-12-20 20 41 53.jpg

Brunello di Montalcino Madonna delle Grazie 2009 Il Marroneto
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・マドンナ・デッレ・グラツィエ 2009 イル・マッロネート

その2010年がワイン・アドヴォケイト誌で100点満点を獲ったこともあり高騰著しい銘柄ですね。2010年に関してはもう値段が付けられない状態です。2011年、2012年は2010年よりも価格は落ち着いて当然。それでも、この2009年よりも高くはなりますけどね。2011年が15,800円税込は個人的には真っ当な価格だと思います。イル・マッロネートの上級クラスですしね。それぐらいはしても不思議ではないし、それだけの価値もある。

2017年の生産量が激減したとのこともあり、イタリアワインの価格は上昇傾向にあるようです。現行のみならずバックビンテージもしかり。2009年は2010年以降を思うと軒並みお買い得価格でしたが、これも玉のある内に‥が正解かもしれません。

2009年、遜色のない出来栄。うわ!開けてもったいないことをした!率直にそう感じました。これは飲み頃ではなかったという意味ではなく、こんなに旨いんなら、もう少しHOLDしても良かったのに‥という意味です。非常に濃密で、深いですね。どっぷりとフルボディで飲み応えがスンゲーの。これで万斬りだったのですから‥。2009年は決してオフでもないし、並年というよりも優良年のひとつ。もちろん超優良年と比較すれば‥かもしれませんが、それ以上に価格差があり、コスパに秀でてるなら‥間違いなく買いですね。

2005年、2008年、あたりも含めてデモノがないか要チェックです。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サバ6製麺所@鶴橋 [飲んだの喰ったの]

IMG_1824.jpg
サバ6製麺所 鶴橋店 
住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-15-4
電話:06-6975-1515

鶴橋と言えば焼肉の街のイメージですが(あたしにとっては魚市場ですけどね)、最近はラーメン屋さんも増えましたね。サイドメニュー他モロモロにも影響されますが、約1,000円で基本的には満腹になりますからね。

ラーメン屋が増えるというのは、ファストフードが人気と考えていいのかな?しかし、いまだに鶴橋駅には、JR駅構内にロッテリアがあるだけで、他のハンバーガーなファストフードは皆無です。JR、地下鉄、近鉄と便利なターミナルなんですけどね。

ラーメン屋さんも競争が激しいですね。この場所はちょっと前まで新しくできた家系のラーメン屋さんがあったように思うのですが‥。ググると、今、勢いのあるチェーン店のようです。具材がサバというわけではなく、サバ節なんですね。いわゆるダブルスープの魚介出汁がサバ由来ということです。サバ寿司が選べるのは珍しいかな。チャーシューもなかなか旨かったです。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Franciacorta Extra Brut Extra Blu NV Villa [飲んだの喰ったの]

IMG_1208.jpg

Franciacorta Extra Brut Extra Blu NV Villa
フランチャコルタ・エクストラ・ブリュット・エクストラ・ブル NV ヴィッラ

すみません。NVだったかどうか失念しました。こちらも昨年末の忙しい最中にドサクサで飲みました。ヴィッラのフランチャコルタらしい涼しいミネラルが特徴です。エクストラ・ブリュットですから、微量なドサージュはあるのでしょうが、しっかりとドライでした。

フランチャコルタに関しては、同じDOCG認定地域の中でもこのヴィッラのように冷涼なミネラルが特徴な生産者と、豊富で暖かみある果実味が特徴の生産者との地域差が明瞭ですね。いい意味で生産者の意図を越えた、ミクロクリマの表現が成功しているとも言えます。ま、どっちもおいしいんだけどね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Brunello di Montalcino 2004 Gianni Brunelli [毒味または晩酌]

写真 2017-11-14 17 45 58.jpg

Brunello di Montalcino 2004 Gianni Brunelli
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2004 ジャンニ・ブリネッリ

まだ熟成感はありませんが、全体的に丸みを帯び、抜栓後の一杯目からまとまり、一体感、深みも感じます。解れながらも構成感がり、萎縮を感じさせないという開き、第一次飲み頃の状態でとてつもなく旨い。そんなタイミングですね。

もちろん、銘柄にもよりますが、さらなる熟成は別として、最近第一次飲み頃と感じるのおは2001年、2004年あたりかな。もちろん2〜3年の前後も問題なし。価格的には2001年、2004年、2006年は超優良年ですのでそれを上限とすれば、2005年、2000年あたりがそれらよりもお手頃価格なら、それこそ今飲むワインとして前向きに検討したいですね。

で、ジャンニ・ブルネッリ。3年前に飲んだ2004年は硬さを感じでHOLDの判断でしたが、3年経った今、めっちゃくちゃおいしくなってます。最近、モンタルチーノのご案内が多いのですが‥やめませんよ!



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

優雅な朝食を。 [飲んだの喰ったの]

写真 2018-01-13 8 39 55.jpg

あたしのような、おフランス食品振興会認定のおコンセイエともなると、朝食はおフレンチトーストにおカフェオレざんすのよ。

エスプリ効いてるでしょ。

(マグカップが"Baci"やないかい!)


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ