So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の10件 | -

Chianti Classico Riserva Le Baroncole 2013 San Giusto a Rentennano [毒味または晩酌]


キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・レ・バロンコーレ 2013 サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ

夏休み前の毒味も一段落。

明日16日からは夏期休暇を頂きますのでこのブログもお休みかもしれません。

さて、大好きなレンテンのバロンコーレ、2013年です。

追加入荷分も含めて完売しておりますが、

復習を兼ねた予習ですね。

近い将来に入荷予定の2014年はビンテージ的には少し心配ですが、そこはレンテンナーノ、上手くまとめてくれていると信じています。

2013年、セラーでイジらずにそっ閉じしていたボトルですが、まだまだ力強く、いい意味で荒さも見え隠れしています。

さあ、休暇中は何を飲もうかな。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蘭亭@谷町9丁目 [飲んだの喰ったの]


中華屋は大丈夫。

あたしの中でそんな神話も崩れそうなくらい、ご近所の中華屋さんが減ってきました。しかも、馴染みの‥となるとツライ、ツライ。

最近はちょっと足を伸ばして(よっこらしょ、違うだろ!)、谷9のこちらがお気に入り。中華というか、台湾料理推しのお店です。


蘭亭
住所:大阪府大阪市天王寺区上汐3-8-21
電話:06-6773-6131


写真 2017-08-06 20 21 43.jpg

前菜の盛り合わせ三種。

いいよねえ。すぐに出てくるし、味は案パイだし。ビールススムし(そこか!)

写真 2017-08-06 20 23 07.jpg

蘭亭さん名物の酢豚。これ旨いのよ。

トウガラシはそれほど辛くはありません。

写真 2017-08-06 20 30 41.jpg

海老のガーリック炒め。

ビール止まりませんがな。

写真 2017-08-06 20 42 53.jpg

〆は台湾ラーメンではなく、アサリラーメンをチョイス。


あっさりしてるんですが、貝類ならではの旨味がいいですね。

ごちそうさまっしたー!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Montesei Soave Classico 2016 Le Battistelle [毒味または晩酌]

写真 2017-08-08 17 27 05.jpg

Montesei Soave Classico 2016 Le Battistelle
モンテセイ・ソアーヴェ・クラッシコ 2016 レ・バッティステッレ

2016年からピエロパンのようなスリムなロングボトルに変更になっています。世界的なソアーヴェへのイメージが「そう」だから変更したのか?理由は存じませんが、ロングボトルなので梱包大変やんかあ!

相変わらず多産な工業的な銘柄も存在しますし、あっち向いてホイみたのもありますが、ガルガネーガ種の魅力を最大限に引き出し、ソアーヴェを名乗るに相応しいこれぞ「ザ・ソアーヴェ」のような酒質、味わいは期待通りです。

ソアーヴェ=ショボいワインを想像されている方にこそお試し頂きたいですね。

「サッパリ」と「ショボい」は違うのですが、そもそも「酸味」を理解頂けてない方はきっと「酸っぱくて不味い」と思われるのかもしれませんね。だから、いきなりマロやかな、酸味が低くユルいワインが支持されるのかもしれません。「酸っぱくておいしい」んですよ。そもそも‥ワインってね。そしてそもそも「辛口」の意味もはき違えているかもしれません。

このワインが良いワインである。これが良いと思えないなら、きっとあっち向いてホイなんだと思います。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Langhe Nebbiolo 2015 G.D. Vajra [毒味または晩酌]

写真 2017-08-08 18 26 24.jpg

Langhe Nebbiolo 2015 G.D. Vajra
ランゲ・ネッビオーロ 2015 GDヴァイラ

このところネッビオーロは連戦連敗だったのですが‥これは旨いですね。ネガティブな要素はコルクがチープなことぐらいかな。

初日の一杯目からランゲ・ネッビオーロとしての役割である「早くから楽しめる」スタイルではありますが、ピークは三日目以降かな。

全体がまとまり、甘味、旨味がとろけ合う状態まで少々お時間頂戴致しますが、その暁、ぜひ経験して欲しいですね。

以前扱ってた2011年と比べるとラベルも(味も)華やかになりましたし、希望小売価格も下がってこの価格なら十分なコスパです。

サンジョヴェーゼばかり扱ってるイメージかもしれませんが、こんなネッビオーロなら大好物ですわ!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シャウエッセンか! [頂き物生活]

写真 2017-08-10 12 52 20.jpg

お客様からの頂き物‥(役得‥役得‥)。

皮がパリっと、パキっとしてるのよね、ソーセージみたいに。

甘過ぎないが未熟じゃない。真っ赤だけど、トマト本来の緑の要素だってある。

力強いトマト。


おいしい。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Nuragus di Cagliari i Fiori 2016 Pala [毒味または晩酌]

写真 2017-08-08 20 46 33.jpg

Nuragus di Cagliari i Fiori 2016 Pala
ヌラグス・ディ・カリアリ・イ・フィオーリ 2016 パーラ

ラベルデザイン一新。

個人的にはこちらの方がシックで上品なデザインかと。

ただし、"NURAGUS" "i fiori" "PALA" 三種類のフォントがちょっとウザいかなあ(どうでもええやんか)。

お味は2015年同様、サルディーニャの夏を思わせる白ワインに仕上がっていますね。なかなかヌラグスだなんて品種も飲み慣れないかと思いますが、何も癖モノではありません。

イタリアらしいヴィーノ・ビアンコなスタイルは、サッパリとしていてイキイキとした酸味がフレッシュ、柑橘を主体とした果実の香味とお花の香りも少々、食事を選ばないのも使い勝手がいいですね。

特別なワインではありませんが、毎日消費するならこういうのんがええねんよね。

輸入元フードライナーさんが選ぶこのあたりのワインは、イタリア料理屋さんも使いやすい感じなのが多いですね。もちろん、一般ご家庭にデイリー仕様とイコールなわけ。

「これでええやん」

そう思える一本です。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Franciacorta Brut Blanc de Blanc NV Cavalleri [毒味または晩酌]

写真 2017-08-06 18 20 19.jpg

Franciacorta Brut Blanc de Blanc NV Cavalleri
フランチャコルタ・ブリュット・ブラン・ド・ブラン NV カヴァッレリ

輸入元さんへの発注も一段落。暦通りな輸入元さんもないわけではないが、明日以降、弊社の夏休みもありますのでしばらく入荷もないのでぼちぼちになりますね。

ビンテージが切り替わるワインや、新規取扱い予定のワイン、ちょっとご無沙汰だったワインなどなど、沢山サンプルを購入していますのでぼちぼちと毒味も進めています。

14日の月曜日も通常は定休日ですが営業します。16日(水曜日)から20日(日曜日)まで五連休させて頂き、21日(月曜日)の臨時営業、22日(火曜日)から通常営業となります。

このブログも16日から20日まではお休みになるかな。TwitterInstagramで近況報告になるかもしれません。

さて、にしの家のハウス・フランチャコルタであるカヴァッレリ。残念ながら関西では取り扱う飲食店さんは少ないとのこと。

他勢力さん達が頑張ってらっしゃいますからねえ(意味深)。

現ロットもほんといい、シャルドネ感満喫です!



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Sangiovese di Romagna Superiore 2015 Villa Papiano [毒味または晩酌]

写真 2017-08-03 17 42 44.jpg

Sangiovese di Romagna 2015 Villa Papiano
サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ 2015 ヴィッラ・パピアーノ

バックラベルには"Romagna Sangiovese DOC"と記載されています。

見た目で判断してはいけませんが、ラベルデザインだけ見ればあたしが苦手な臭っさい、臭っさい、ビオ臭するチョメチョメ派なワインに見えます。しかも輸入元はテラヴェールさんですから、あたし臭っさくて、臭っさくて飲めないビオ臭するチョメチョメ派のワインが2/3ほどありますからね。

しかし、同じくロマーニャ地区でクリーンで繊細なサンジョヴェーゼであるノエリア・リッチを醸すフランチェスコボルディーニ氏が手掛けているということでネガティブな先入観はなしです。ビオかどうかという基準は否定しませんが、ビオでないとという思想はありませんので。

輸入元担当さんが実店舗にヴィッラ・パピアーノを全種類持参頂きまして試飲、アンフォラ熟成のアルバーナも決して苦手なタイプではありませんでしたが、コスパモロモロでこちらに決定、サンプルを1本購入して毒味→採用となりました。

ビオ臭さどころか田舎臭さもありませんが、どこか滋味溢れる野生のフルーツの香味がなかなか楽しい。未知の品種バルサリーナが5%とありますが、その個性もあるのかもしれませんね。

サンジョヴェーゼらしいスミレや、プラム、チェリーの風味もしっかり。豊富で上質な酸味も美味ですが、確かに標高の高さも感じる引き締まり具合。心地良いリズムのタンニンもあるし、素直に肉が欲しい、肉が欲しい。

テラヴェールさんはこのボルディーニ氏のワインを初めてからエミリア・ロマーニャ充実中ですがなかなかいいですよ。たまにはトスカーナを離れてサンジョヴェーゼを飲んでみるのもいいですね。違いもあるし、共通点もある。


ちなみに、こちらのAlbana(アルバーナ)種からなる"Tearra!"という白ワイン、アンフォラでのマセラシオンと発酵、熟成が施されるタイプで、フランチェスコ・ボルティーニ氏らしい塩味溢れるミネラルのメリハリあるタイプですが、ラベルが乳首丸出しです…お見知りおきを(そこか!)。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

神木隆之介と杉咲花とセカオワに会ってきた [西野家専用]


久々の舞台挨拶シリーズ。



メアリと魔法の花
www.maryflower.jp

TwitterでTOHOシネマズをフォローしているのですが、花の日(8月7日)ということで、杉咲花チャソ他、豪華ゲストな舞台挨拶との情報。ツイート当日の夜24時から販売開始とのことで、Macをチケット争奪最速仕様にセッティングしていざ参戦。見事GETとなりました。

当日はちゅうどホテル日航大阪(心斎橋)で試飲会もあったのでTOHOなんば会場でGET。梅田もあったのですが(画像は梅田、梅田はマスコミも来てフォトセッションあったそうです)、TOHOなんばの方が小さいのでよく見えましたよ(比較的前の方のど真ん中…真ん前に杉咲花ちゃんという絶好のポジション)。

写真 2017-08-07 21 38 38.jpg
(こちらは梅田の様子)

基本的にジブリ作品は好きなのですが、米林監督作品なら『借りぐらすのアリエッティ』の方が好きですね。大まかには『ハリーポッター・千と千尋の魔女の宅急便 』みたいな内容です(どんなんやねん)。

68df4667b13bb28a3b6290bee83f985e.jpg
(右は志田未来ちゃん)

杉咲花ちゃんにさぞ感動するだろうと思ってましたが、神木隆之介君がかわいかったわ(そっちか!)。他の方が話しててもニコニコしてて、お顔もちっちゃくて抱きしめたい(そっちなのか!)。

pic_awase009_package.jpg

杉咲花ちゃんもちっちゃいのよね。ほんとお人形さんみたい。
こんな娘がいたらナンボでも回鍋肉作ってあげるのに。



rapture_20161223225316.jpg

セカオワ4人組。一曲唱って欲しかった。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐海たちばな@なんばシティ南館 [飲んだの喰ったの]


ホテル日航大阪での試飲会は日本ソムリエ協会主催のもの。輸入ワインのみならず、国産ワインや、日本酒の蔵元さんも出展されていましたが、イタリアワインしか眼中にないというのは置いといても内容は薄かったですね。各ブースは小さいですし(お付き合いでしぶしぶ出展してます)というのがミエミエなブースもチラホラでした。

あたしのように試飲会では商材探し、新規取引できそうな輸入元探しを目的とした(本気のプロ)には物足りなさだけが残る感じですかね。

やっぱりこの手の寄せ集めな大所帯合同試飲会は時間の無駄ですね。


写真 2017-08-07 11 37 46.jpg


佐海たちばな
場所:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY 南館 1F
電話:06-6644-2890

そんなお昼はこちら。

ミナミでランチだと頻出です。

12時過ぎると売り切れてる可能性もある「二段重」はごはんおかわりし放題で880円が嬉しい。

おっさんになると煮物、炊き物もおいしくなる。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ