So-net無料ブログ作成

全日本最優秀ソムリエコンクール優勝祝賀会@ホテルグランヴィア京都 [ほぼ雑談]

IMG_9392.jpg
(あたしもシャツにネクタイ、ジャケットだったのよ! 下はデニムやったけど。)

その昔(遠い目)、田崎真也ソムリエが優勝した世界大会に行くには、まず全日本で優勝しなくては始まりません(たぶん)、このあとアジア・オセアニア大会もあるそうで最終的に日本代表として世界大会に出場するにはまだまだ試練があるようです。

岩田渉ソムリエとの出会いは彼が勤める「cave de・K」が始まりですが、このブログにも何度か登場しています。まさに「好青年」という表現がピッタリなイケメンです(あーうらやましい)。

謙虚さと貪欲さ。

両方を兼ね備えるのは彼の強みだと思います。

何も若さだけじゃないんです。


物怖じすることなく、色んなことに興味を持ち、どんどん吸収して経験値を上げる、引き出しに整理する、そしてその引き出しの場所もちゃんと覚えてるんでしょうね。すぐに知識、情報が整理された状態で出てきます。頭がやわらかいんですよね。

色んな群れに飛び込める、でも、まだまだ特定の群れに染まることも安住することもない。


きっと彼は世界に出て行くんだろうなあ。



あーうらやましい!


あたしが彼よりも勝っているのは年齢と体重程度。将来性というポテンシャルもあたしはとっくに飲み頃のピークの過ぎた酸っぱいオッサンですが、まだまだ彼は若く華やかで、旨味もたっぷり‥まだまだ先があるのです。

いつまでも若い気持ちを‥を否定しませんが、自分の年齢や体力、残された寿命を思うと自分がすべきことや、社会の中でも役割も若い頃と同じではないし、同じではいけないのだと思います。

だから岩田ソムリエに張り合うことなく、素直に彼を応援したいという気持ちです。

あたしが20歳で子を持っていたら‥彼はそんな年齢ですしね。

そんな彼とお近づきになれたご縁も大事にしたいですね。

彼が世界一になった暁には‥

岩田渉ソムリエ監修お好み焼きソースなどの商品開発に着手するつもりです(え!?)。

最近の課題は「老害」と呼ばれないようにこの業界で(細々と)生き続けることですが、どうも歳を取ると説教臭くなってしまう(反省中)。

よーし、俺も世界を目指そうかな!(何のや?)









コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理