So-net無料ブログ作成

Vinum XL Pinot Noir Riedel [ほぼ雑談]

写真 2017-06-02 9 05 20.jpg

Vinum XL Pinot Noir Riedel
ヴィノム・XL ピノ・ノワール リーデル

このところ立て続けにグラスを割りましたので(ああ反省)、補充と新調です。右はあたしのメルマガなどで「ヴィノムのブルゴーニュ型」と呼んでいるグラス。リーデル公式サイト上では「ヴィノム・ピノ・ノワール」と記載されています。

右が新調したグラスで仕入先での名称は「ヴィノム・XL・オレゴン・ピノ・ノワール」ですがリーデル公式サイト上では「ヴィノム・XL・ピノ・ノワール」と記載されています。なお、グラスに貼付けのシールには「New World Pinot Noir」の文字がありますね。

XL(エクストラ・ラージ)シリーズらしくボウル形状も高さも通常のヴィノムよりも大きいくシェイプも重心が低めかな(たぶん)。垂直にそり立つリムの部分が特徴で、反り返りまではしませんがいわゆるチューリップ型になるのかな。見た目から大きくてたっぷり‥でも、籠らずにシュっと香りが真っすぐに流れそうでいいですね。

通常のヴィノムのブルゴーニュ型よりも少しお値段お高くなりますが、見た目の高級感はグッと増しますよ。

対応品種は、ピノ・ノワールの他にネッビオーロ(バローロやバルバレスコ)の記載がありますね。アルコール度数が高く濃厚なワインのために‥なんて記載がありますが、そこらへんはあまり気にしていません。「度数が高い、濃い=新世界」はもう通用しませんしね。

残念ながらピノ・ノワールは持ってませんので、何かネッビオーロ、バローロにするか、バルバレスコにするか‥ゴソゴソゴソ‥もワインの楽しみのひとつです。

写真 2017-06-02 18 09 06.jpg

Passorosso 2013 Passopisciaro
パッソロッソ 2013 パッソピッシャーロ

ピノ・ノワールでもネッビオーロでもないやんけ!

でもいい選択ですね。ホレボレします。大きなボウル部分で十分に香味が開いている感じ。でも、抑制なく解き放たれる=ダダ漏れではなく、リムのストレート部分から、真っすぐ投げ込まれる感じ。広角ではないんだな。

また、リムのストレート部分が下唇に乗っかる、通常のヴィノムノブルゴーニュ型だと下唇というよりも舌先を先端として広角に流れ込むのですが、このグラスは舌先から少し内側にまとまって流れ込む感じ。

いいじゃない、いいじゃない。これいいじゃない。

割らないようにしないと(ここ重要)。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理