So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ
前の10件 | -

いつもの通り‥も大事なことですね [毒味または晩酌]

写真 2017-03-21 18 02 01.jpg
 
 
 
個人的に収集しているワインです。すべてのビンテージではありませんが、公式ビンテージチャートや、トスカーナ州の良いビンテージを中心にストックを持っています。この2013年は公式ビンテージチャートで★★★★★となりますので、経過観察も含めて複数本ストックしなければいけませんね。
 
1998年までは「モンテヴェルティーネ・リゼルヴァ」と名乗っていました。その昔、まだ「ピアン・デル・チャンポロ」のない時代は「モンテヴェルティーネ」と「モンテヴェルティーネ・リゼルヴァ」があったビンテージがあります。すべてのビンテージかどうかはわかりませんが、少なくともあたしが所有している1985年は両方が存在します。
 
1985年にはキャンティ・クラッシコ協会から脱退していますので、「キャンティ・クラッシコ=モンテヴェルティーネ」、「キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ=モンテヴェルティーネ・リゼルヴァ」という位置づけだったんでしょうね。
 
後にキャンティ・クラッシコ的位置づけに(語弊あり)「ピアン・デル・チャンポロ」が生まれますが、「モンテヴェルティーネ」はなくなったようですが、「モンテヴェルティーネ・リゼルヴァ」はそのまま。何に対して「リゼルヴァやねん‥」ということで名前からリゼルヴァを外したのではないかと思います(すんごい適当な思い込み)。
 
ということでモンテヴェルティーネの名前を冠し、モンテヴェルティーネが醸す三種類のワインのうち、ミドルレンジを担い、「キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ」的ポジションが現在の「モンテヴェルティーネ」となりますね(勝手解釈)。
 
公式ビンテージチャートでの★の違いもあり、2012年はしれーっと終売(まだ輸入元在庫ございますので取り寄せ可能です)させて頂きますが、実は2012年もそう悪いビンテージではない。
 
2013年。レ・ペルゴレ・トルテの同ビンテージと同時毒味だったのもあり、よりこちらの方はまるでキャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ的に思える。そうではないのだが、造り込み過ぎたそれよりもよっぽどそれらしくとても上質なそれ。
 
2013年はタンニンが豊富に感じますね。もちろんサンジョヴェーゼらしい酸も上質だけれども。もちろんまだまとまり切らない部分もあるがすでに飲めるしおいしい。モンテヴェルティーネのワイン達は熟成させるととんでもなくおいしくなる(若いうちがおいしくないという意味ではない)。
 
ただ、お父様の時代の古酒はそう。まだまだマルティーノの時代の作品がお父様同等になるかかどうかはわからない。まあ、何も並ぶことも越すことも必要ではないんだけれども。思っている以上にシンプルなんですよね。いつもの通りに良いブドウを育てて、いつもの通りにワインを醸造している。でも、いつもの通りにするに、毎年変わる気候他モロモロ、いつもの通りに努力をしないとそれはなしえない。
 
本当は5月に来日される予定で、浮遊物の件も含めて一度じっくりとお話を聞きたいと思っているのだがキャンセルとなった模様。 
 
2013年、いつもの通りにおいしい。なんら問題はない。 
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

味力亭@鶴橋 [毒味または晩酌]

 
そもそも丸正餃子も食べたこともないのだけれども、そんな丸正餃子なるものが鶴橋で食べれるということでも有名なお店。一品料理もあり、餃子専門でもないがちょっと一杯に使えるお店でもある。
 
味力亭
住所:大阪府大阪市東成区東小橋3丁目20-32
電話:06-6981-5671 

写真 2017-03-24 20 18 17.jpg
 
ピータンなんて最初は誰が食べようと思ったのか。中国のみなさんありがとう(要は好きなんだ)。 
 
写真 2017-03-24 20 13 28.jpg
 
煮込み。なぜかお皿の右1/3が空いてるのが気になるがビールを呼ぶ味付け。 

写真 2017-03-24 20 14 49.jpg
 
自家製チャーシュー。チャーシューがあるからといって、チャーシュー麺があるわけではない。あくまでも酒の肴としてのチャーシュー。白飯が欲しい。
 
写真 2017-03-24 20 16 51.jpg
 
水餃子。ゴマだれ。
 
写真 2017-03-24 20 17 12.jpg
 
名物の焼き餃子。餃子は水餃子を含めて何種類かあります。それほどニンニクがキツいタイプでもなくあっさりと食べれますね。
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メルマガをさらに深く読むための資料画像 [参考資料]

 
画像1 
 
写真 2017-03-23 15 07 50.jpg
  
画像2
 
名称未設定.jpg 
 
画像3
 
写真 2017-03-23 17 06 12.jpg
 
画像4
 
写真 2017-03-23 17 26 57.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黄龍@上六 [飲んだの喰ったの]

 
2015年の夏に初訪問した記事に上書きしてしまいました(バカ)。
 
藍チャソが合宿なもので‥。 
 
黄龍
住所:大阪市天王寺区石ヶ辻町146
電話:06-6779-5557 

お料理はおまかせコース一種類のみで6,000円税込となります。
(他に追加可能な一品料理もあり。コース内容は相談可と思われ。) 
 
写真 2017-03-23 20 14 45.jpg
 
芥蘭菜(カイラン菜)と干し肉温菜サラダ
 
鴨肉と豚肉の腸詰のようなもの。甘辛い出汁、カイランサイの食感よし。 
 
写真 2017-03-23 20 25 11.jpg

ロースト料理盛り合わせ
もち米詰めバリバリチキン、コイン型重ね焼き、皮付きバラ肉サクサク焼き
 
こちらのスペシャリテ。まあ、どれも旨いこと、旨いこと。紹興酒やね。 
 
写真 2017-03-23 20 38 44.jpg
 
カリフラワーと干し貝柱の上湯蒸しスープ
 
これが素晴らしかった!貝柱とカリフラワーの上品なスープ。カリフラワーが優しく崩れるんだけれども、スープを濁らせないのもいい。 
 
写真 2017-03-23 20 52 33.jpg
 
桜海老と春野菜の香り炒め
 
野菜のシャキシャキ感、お家でも真似したいんだけどなあ。 
 
写真 2017-03-23 21 03 26.jpg
 
国産アスパラと香港ミルク炒め 金華ハムの香り
 
アスパラもとても丁寧に火入れされています。ひだを寄せるような香港ミルクもやさしい。 
 
写真 2017-03-23 21 16 07.jpg
 
中国湯葉と牛バラ肉のトロトロ煮込み 中華麺添え
 
全体的に上品な味付けだし、これだってそうなんだけれども、最後にテンションMAXですよ。 
 
写真 2017-03-23 21 30 44.jpg
 
タピオカと蓮の実餡のフルーツグラタン 
 
蓮の実がサツマイモか栗か‥暖かいデザートもいいですね。
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

赤の微発砲、辛口イタリアワインならこれでキマリ! [毒味または晩酌]

写真 2017-03-20 20 15 30.jpg
 
 
微発泡性イタリアワインであるフリツァンテはもっと飲んで欲しいイタリアワインのひとつですね。
 
カジュアルな日常消費のワインとしてとても心地良いんです。
 
ランブルスコは市民権を得てるようですが、ぜひ、甘口のそれではなく辛口のそれをお選び頂きたい。そして、ぜひお食事と一緒に楽しんで欲しいものです。辛口とはいえ、果実の甘味はありますから飲み難い‥なんてことはありませんよ。
 
ブライダのフリツァンテはピエモンテを代表する土着品種のひとつ、バルベーラから。ブライダらしいしっかりと果実の凝縮感、密度感もありますが、心地よい酸味、渋味、そして微発泡な酒質が重苦しく感じさせません。とはいえ、一般的なランブルスコよりも十分な飲み応えを感じて頂けるはずです。
 
辛口ですが、凝縮した果実の甘味があります。この手のワインは一般的に脂っこいと言われるお料理がいいですね。微発泡なガスが脂っこさを流してくれますし、しっかりとした赤の渋味も同様の働きを。
 
お好み焼き、焼きそばなど粉もん+ソースもん。すき焼きなどの醤油+砂糖、テリヤキ、焼肉・焼き鳥ならタレですかね‥いや、塩でもイケるはず。
 
もちろん、サラミやハム類、サンドイッチなどの軽食と合わせるのもいいのでは?
 
まあ、アッビナメントもあまり気にすることもありません。
 
赤ワインですが、冷しておいしい。冷しても香味が萎縮することなく開いている、ボディ感も十分なのも嬉しいですね。 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

生まれ変わったトゥア・リタの白ワイン [飲んだの喰ったの]

写真 2017-01-17 17 35 19.jpg

Perlato del Bosco Vermentino 2015 Tua Rita
ペルラート・デル・ボスコ・ヴェルメンティーノ 2015 トゥア・リタ
 
1992年が初ビンテージとなる当時唯一の白であったペルラート・デル・ボスコ・ビアンコ。正規輸入元さんに残る資料的に2005年以降のセパージュ比率は下記の通り。

 2015年:ヴェルメンティーノ100% ←今ココ
 2014年:トレッビアーノ40%、アンソニカ30%、ヴェルメンティーノ30%
 2013年:ヴェルメンティーノ60%、アンソニカ20%、トレッビアーノ20%
 2012年:トレッビアーノ40%、アンソニカ30%、ヴェルメンティーノ30%
 2011年:トレッビアーノ40%、アンソニカ30%、ヴェルメンティーノ30%
 2010年:トレッビアーノ34%、アンソニカ33%、ヴェルメンティーノ33%
 2009年:トレッビアーノ34%、アンソニカ33%、ヴェルメンティーノ33%
 2008年:トレッビアーノ70%、アンソニカ30%
 2007年:トレッビアーノ70%、アンソニカ30%
 2006年:トレッビアーノ70%、アンソニカ30%
 2005年:トレッビアーノ70%、アンソニカ30%

公式サイトはトレッビアーノ、アンソニカ、ヴェルメンティーノ等分との記載となりまだ更新されていないようです。

正規輸入元の希望小売価格はこの2015年から少し値上げとなりましたが、実はリニューアルされたんですね。これまではトレッビアーノ、アンソニカ、ヴェルメンティーノの混醸でしたが、2015年からはヴェルメンティーノ単一となりました。

トレッビアーノは中部イタリアを中心に幅広い地域で栽培される品種、アンソニカはトスカーナにおけるインソリア(シチリア)の別名となります。

ヴェルメンティーノはサルディーニャ州や、リグーリア州など地中海品種とも例えられることもあります。トスカーナのティレニア海沿岸もお仲間、トスカーナ内陸はトレッビアーノや、ヴェルナッチャが有名ですが、ボルゲリやスヴェレートを含むマレンマ地区における白はヴェルメンティーノの栽培が盛んで成功していますね。

実は、最近‥トスカーナ沿岸部の白はヴェルメンティーノのワインが目立つようになってきたな‥と思ってた矢先に、トゥア・リタはヴェルメンティーノ100%にリニューアルしてきたんですね。醸造は発酵、熟成ともにステンレスタンクで行います。
 
味に不満があるわけではありませんが、現時点で定番取扱いの予定はありません。お取り寄せで対応させて頂きますので、お気軽に問い合わせ下さいね。
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

藍チャソからは「もうパスタ屋さんヤッてもいいレベル」と‥ [中坊ですよ(˘❥˘)]

写真 2017-03-20 20 29 02.jpg
 
×トマトソース
×カルボナーラ
 
ということで、最近オイル・サーディンなペペロンチーノ的なものもしましたしねえ。
 
ということで、合い挽き肉のホワイトラグー的なものを。
 
ニンニク、タマネギ、えのき茸、白菜を細かく刻んで、ミンチ肉とともにゆっくりと火を通す感じ。コンソメ1個、醤油一滴、ラー油一滴。ちなみに、合挽きミンチもパスタもコストコ製です。最後に白髪ネギ。
 
タマネギやえのき茸が煮込むとトロっとするのでパスタとの絡みもよくなりますね。
 
ラ・モネッラ2015年の毒味とともに。
 
どっちも旨かった!
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トゥア・リタの謎のワイン [参考資料]

ワイン・アドヴォケイト誌、イタリアワイン担当のモニカ・ラーナーお姉さんのインスタです。イタリアワイン業界に影響力のあるお姉さんなので(実力があるかどうかは知らない)、SNSでお姉さんが今どんな試飲会に参加しているのか、その言動も含めてチェックしています(ストーカーか!)。
 
ちなみに、万が一のこともあるので、オバサンではなくお姉さんと呼ぶことにしました。
 
 
"Here's a whole new wine from #tuarita made in limited release (only 3,900 bottles). Bosco dei Sugheri is Cabernet Sauvignon and Cabernet Franc."
 
"これが限定3,900本のトゥア・リタの新しいワインよ!カベルネソーヴィニョンと、カベルネフラン‥名前は「ボルゴ・デル・スゲーリ」スゲーでしょ!" 
 
訳してみました(ちゃんと訳せよ!)。
 
トゥア・リタらしいラベルデザインですが、このラベル地の淡いグリーンもキレイですね。 
 
新絵ですが、馬の前で威嚇するゴリラがなんだかかわいいです。
 
3,900本限定生産となるカベルネソーヴニョンとカベルネフランのワイン。
 
興味がありますね。飲んでみたいですね。
 
日本市場では何時リリースでしょうか?wkwk
 
しかし、日本では販売されないでしょう。
 
なぜか? 
 
ラベルを読みましょう(←とても大事です)。
 
ビンテージの下の文字列‥
 
"SELECTION SCHWANDER" 
 
"シュヴァンダーセレクションやで" 
 
訳してみました(日本語"やで"だけやんか)。
 
では‥SCHWANDER(シュヴァンダー)って?
 
ググりましょう(←とても大事です)。
 
 
ヒットします。
 
そもそも、URLからして"selection-schwander"ですし、アクセスすればワインが掲載されてるとなるとSCHWANDER(シュヴァンダー)を意味するのはこのサイトで間違いありませんね。
 
「.ch」ですから、スイスのサイトであることも明らかです。
 
どうやらスイスの大手ワインエージェント(小売含む)のようです。
 
Onlineshop」というリンクがありますのでポチっとしましょう。 
 
右側メニューに「Weinw aus Italien」とありますのでそちらをポチっとしましょう。
 
つらつらとスクロールしてゆきますと‥ありました!
 
Bosco dei Sugheri Tua Rita (rot) 2014
Toscana IGT, Maremma
90% Cabernet-Sauvignon, 10% Cabernet Franc
 
セパージュ比率や樽熟成期間もこれで判明です。 
 
ここで終わってはイケません!
 
注意深く他のアイテムも見るのです!
 
Tua Rita «Case Due» Selection Schwander (rot) 2015
Toscana IGT, Maremma
60% Merlot, 30% Cabernet-Sauvignon, 10% Syrah
 
ほら、出てきた!
 
「ボスコ・デリ・スゲーリ」 は49.80スイスフラン(5,725円-115円換算)
 
「カーセ・ドゥエ」は16.90スイスフラン(1,943円-115円換算)
 
いずれも"SELECTION SCHWANDER"の文字列があるので、このエージェントの専売商品ということになりますね。
 
数さえまとまれば‥ひょっとするとオリジナルのワインが造れるかもしれませんね。
 
さて‥では、もう一度画像をご覧下さい。
 
Bosco dei Sugheriの後ろに写っているワインはさてなんでしょうか?向かって左は"Giusto di Notri(ジュスト・ディ・ノートリ)"で間違いないでしょう。向かって右端は「Lodano(ロダーノ)」で間違いありません。
 
では、ロダーノの左隣は?
 
一見すると「Rosso di Notri(ロッソ・ディ・ノートリ)」に見えますが、ロッソ・ディ・ノートリならもう少し白は明るい。もちろん、インスタグラムですから色調が違ってみえても不思議ではありませんが、少し黄色、グレーがかったクリーム色に見えます。
 
金文字の商品名の最後は「O」に見えますね。そのまえは「T」がふたつ並んでいるようにも見えます。現在販売している2015年は、商品名の下にビンテージ、その下には何も文字列はありませんが、こちらは黒で何かかかれているように見えますね。
 
しかし"SELECTION SCHWANDER"ではなさそうだし、その「Case Due」でもなさそう。トゥア・リタのラベルデザインの傾向として、表ラベルにDOC(G)やIGTの表記もなさそうなんだけどなあ。 
 
ここらへんは宿題で‥
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

春の食材に‥やっぱりソーヴィニョンもテッパンです! [毒味または晩酌]

写真 2017-03-15 17 33 07.jpg
 
 
 
イタリアのソーヴィニョンブランは決して青々しいわけではありませんが(もちろんモノによる)、やはり春の新芽、新緑の息吹を感じさせる‥とても清々しい品種だと思います。新鮮で緑、黄色、白のコントラスト鮮やかなソーヴィニョンを期待しますので、あまり樽熟成させたそれは好まなかったのかもしれません(今は、嫌いじゃないけどね)。
 
菜の花や新たけのこ‥ミナギル若さ、少しの苦味とも相性いいんですよね。
 
酢みその黄色と、木の芽の緑、そう木の芽和えもいいし、ホタルイカを酢みそでもイケる。
 
もちろん、イタリアの土着品種でも良い相性なんだけれども、春の和食、和な食材と白ワインを考えると一番入手しやすい品種としてソーヴィニョンブランは最適なんですよね。
 
 
2015年、やっぱりバランスいいなあ。リースリンググリュナー・フェルトリーナケルナー、どれもいい。 

 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

タンニンも酸味もたっぷりだけど質は極上、力強いバローロです! [毒味または晩酌]

IMG_7729.jpg
(ええ、折りましたよ、折りましたとも)
 
 
残り僅かです。
 
年号、状態、価格も文句なしでかねてから飲んでおきたかったのですがようやくです。
 
グラスはヴィノムのブルゴーニュ型で、抜栓したての注ぎたては、鉄分を感じさせる熟成香が前に来ますが、ほどなくして落ち着きます。セッラルンガ・ダルバらしい香味は、どこかローヌを思わせるような腐葉土やスパイスが混じるように思います。
 
もちろん、熟成の恩恵として丸みや馴染みを感じますが、しっかりとしたタンニン、構成感も揺るぎない男性的なワイン。決して硬過ぎるわけでもないのですが、昨今のワインの「やわらかさ、しなやかさ」な飲みやすさではない部分ですね(飲みにくいわけではない)。
 
果実味を含めて力強さを感じますね。
 
うーん、セッラルンガだなあ。 
 
いいタイミングのひとつだと思います。
 
根菜、牛肉の煮込み、デミっぽいソースとか。 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ