So-net無料ブログ作成

2014年‥大丈夫!旨いです! [毒味または晩酌]

IMG_7234.jpg
 
 
 
先のブログ記事でも書いたとおり、ポッジオ・スカレッテが醸すトレッビアーノ種からなる白ワイン「キアラ・アウローラ2015年」のご案内の対象ワインとなります。2月13日(月曜日)の深夜0時に一旦商品ページが表示されなくなりますので、それまでにご購入頂き、履歴を作って下さいね。「キアラ・アウローラ2015年」のご案内は、期間内にご購入されたお客様をソートして翌日にご案内メールを配信予定です。(メルマガでご確認下さいね)。
 
正直、2014年のキャンティ・クラッシコは華麗にスルーしましたので、このイル・カルボナイオーネもスルーまたはしれーっと、の場合は「キアラ・アウローラ2015年」は6月入荷予定の「キャンティ・クラッシコ2015年」のタイミングまで温存するつもりでしたが、2014年のイル・カルボナイオーネ、キチンとアベレージを保つ出来栄です。
 
例年よりも30%ほど収穫を落とした模様。もちろん、そこからセカンドである「キャンティ・クラッシコ」に格下げされる分もあると思うと、やはりファーストラベルの品質維持にセカンドは必要だな‥をひしひし。
 
他のサンッジョヴェーゼ100%のトスカーナIGTとは一線を画す個性は相変わらず。他が「赤」であるとすれば、こちらは「紫」や「黒」が強いんですよね。
 
力強さはあるがスムースさも。イル・カルボナイオーネはアベレージのアルコール度数が13,5度と、イマドキは14度超えのワインばかりですが、そこも利点かもしれません。
 
途中にヌケ感がないのが一番。それを感じてしまうと華麗にスルーになっちゃうからね。「キアラ・アウローラ2015年」は別として、今年もサンジョヴェーゼ・ディ・ラモーレの、イル・カルボナイオーネの個性感じる素晴らしいワインに仕上がっています。
 

コメント(0) 

鰹のヘソ [頂き物生活]

IMG_7240.jpg
 
某輸入元担当さんからの頂き物‥(役得‥役得‥)。
 
静岡県出身だそうで、イルカ肉をお願いしたのですが、なかなかないんですね。
 
「鰹のヘソ」なるものをお土産に頂きました。
 
「ヘソ」ですが、本当は「心臓」だそうです。
 
  • 「フライ」←わかる
  • 「おでんの具」←こわい 
 
おそるべし静岡県民。 
 
写真 2017-02-04 20 14 43.jpg
 
形状はネコのおちんちんのようです。鶏の心臓と似てますね。
 
まずは生姜煮。
 
うーん、やはり(当然ですが)血合い的な味が強いですね。歯ごたえはしっかり。珍味と言えば珍味です。 
 
IMG_7246.jpg 
 
「塩コショーして、いためると、たまんなく、おいしいヨ!!」 の記載がありましたので、塩コショーで炒めて頂きます。こちらの方が好きかな?でも、やはり血合いの味が強いなあ。あまり白飯のオカズにはならないが、酒の肴っぽくもない。
 
恐るべし静岡県民。
 
 
さて、奥は自作のマヨネーズごはん。バスマティライスで挑戦しましたが大成功。
 
 

コメント(0)