So-net無料ブログ作成

★★★★★=2016 [参考資料]

 
またベンヴェヌート・ブルネッロには参加したいなあ(ぽかーん)。
 
 
 
 
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

真っ当なブルネッロ、これ旨いです。 [毒味または晩酌]

写真 2017-02-18 19 19 26.jpg
 
 
 
日本市場にはもっと一般市場に流通してない(流通させてない)ブルネッロも沢山ありますね。SNSなどにUPされるブルネッロに見た事も聞いた事もない銘柄はちょくちょくあります。
 
これは日本の歪んだイタリアワイン業界に原因もあるわけで…
 
おい!また嫌われるぞ! 
 
(中略)
 
この生産者の場合は現状日本に正規輸入元はなさそう(たぶん)。公式サイトもたいした情報もありませんで、あまり生産者やテクニカルに関する深い情報がないのが残念ですが、そんなある意味先入観を排除して毒味をするのも悪くありませんね。ワイン誌の評価がないのも先入観を排除できる好材料でした。毒味は商品ページに記載しておりますのでご興味のあるお客様はご一読を。
 
ただし、ポジティブな先入観を提供することもあたしの仕事なんだけどね。
 
ちなみに、お尻の染まりもキレイでつたい漏れがないのは、なかなかいいコルクが使われていることや、キチンと打栓されている証かもしれませんね。最後の一杯は画像のような澱が入ります。
 
今年2012年がリリースされるであろうアンナータですので、約6年の追瓶熟成の恩恵はヒシヒシと感じる馴染みとまとまりです。開放的な香味の開きではないのですが、何も閉じていないというストレスのない香味こそ無理のない開きでもあります。
 
真っ当にブルネッロとしてのサンジョヴェーゼです。大樽で熟成させた心地の良い樽のニュアンスも果実味によく溶け込んでいますよ。旨味、酸、タンニン、どれを取っても文句のない旨いブルネッロ。 
 
こういう隠れた銘柄ってまだまだあるんだよねえ。
 
いや、何も隠れた銘柄ばかりを追うつもりもない。
 
市場で、これまでの経験の中でメジャーかどうか?は関係がないということ。このような未知のワインも(自分の中では)客観的に毒味をすること、できること、があたしにとって重要。もちろん、飲んだ感想は主観以外のなにものでもありませんよ。 
 
日本市場で正規輸入元の有無は別として、たまには新しい(珍しいとは書きたくない)生産者の作品もご紹介したいし、飲みたいものですね。
 
 
 
さて‥
 
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ協会から2016年ビンテージの公式評価が発表されました。 
 
2015年に引き続き★★★★★(星、いつつです!←マチャアキ風で)となります。
 
毎年、広場に埋め込まれるタイル画が‥ 
 
MATTONELLA_2016_HR-1-1024x1024.jpg 
 
なぜかミシュランなんだけども‥。
 


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

目の前は海、でも標高の高さも感じますね。 [毒味または晩酌]

写真 2017-02-15 17 20 04.jpg
 
 
2011年以来の扱いになります。一時期価格が上がっていた頃はしれーっとスルーをキメ込んでいましたが、この価格なら納得のコスパですね。
 
ファランギーナ主体で、この地特有の土着品種の混醸。密度感あるミネラルは硬過ぎず‥ながら、クリアで冷涼なんですね。柑橘と、白い果肉の果実果汁に、イタリアンパセリのヒントが、魚介な前菜盛り合わせが欲しい。塩味、苦みも程よくやっぱり、イカ、タコなマリネがいいですね。
 
リッチ、濃いという意味ではなく、こういう「出来の良いワイン」を日常的に飲めると贅沢ですね。とてもイタリアワインらしい一本です。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おおさかぐりる@新梅田食堂街 [毒味または晩酌]

写真 2017-02-09 13 05 01.jpg
 
おおさかぐりる
住所:大阪府大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街 1F
電話:06-6311-3819
 
新梅田食堂街

梅田界隈もすっかりオサレになりましたが、こんな一等地にこんなあ、こんなあああああなのが新梅田食堂街です(あたしが、こそーり通ってる立ち飲み屋さんもあります)。
 
某輸入元の試飲会で梅田でお一人様ならこんなノスタルジックな洋食屋さんでランチもいいものです。トンカツと牛カツの盛り合わせ。ご飯は「大盛り?」と見た目で判断されたので、大盛りです。これで1,000円しないんだから‥もおお。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

神蔵@阪急三番街 [飲んだの喰ったの]

写真 2017-02-13 14 39 08 (1).jpg
 
神蔵(かむくら)
住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目-1-3
電話:06-6373-3790 
 
ネギ・キムチラーメン。
 
たまぁに食べたくなる神蔵のラーメン。醤油ベースに白菜の甘味と旨味、豚バラ。ネギとキムチをトッピングしてみました。
 
昨今は、濃厚・どろどろ・こってり・魚介の旨味濃縮などなど、濃いスープのラーメンが多いんだけれども、ここのは比較的あっさりしてるので疲れた時にはちょうどいい。 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2014年の顔! [毒味または晩酌]

あたしのTwitterはいつの間にかカギ付きにしておりますが、今年になってからなにひとつつぶやいてませんのでご安心下さい(何を安心するんや)。インスタグラムも今年になってひとつか、ふたつほど画像をUPしたような気もしますが、昨年にソーシャルデトックスをしてみましたら、案外、依存してなかったのかな。
 
あたしへのご連絡は、全世界大公開中の携帯電話にお電話頂くか(まずは名乗って下さいね)、全世界大公開中のメールアドレスまでどうぞ。SNSを介さずとも連絡なんてナンボでも取れますから。 
 
さて、そんなあたしもネタ元としてSNSは有効に使っております。 
 
上手く埋め込みコードが貼れませんでしたのでスクショをキリトリしています。
 
スクリーンショット 2017-02-16 9.25.37.jpg

 
モンテラポーニ(ミケーレ・ブラガンディ)のアカウントから。モンテヴェルティーネと2006年をズラリの飲み比べですね。ミケーレさんの自撮りですが、鏡右側には大先生もバッチリ写っております。今度モロモロ聞いてみます。

スクリーンショット 2017-02-16 9.22.34.jpg 
 
 
こちらはワイン・アドヴォケイト、イタリアワイン主筆のモニカ・ラーナーのアカウントです。フィレンツェのフォーシーズンズホテルで開催されたこれまたモンテラポーニと、モンテヴェルティーネのジョイント試飲会、2014年を中心としたアンテプリマです。
 
2014年のレ・ペルゴレ・トルテのラベルがバッチリですね。2014年はモンテヴェルティーネ公式サイトのビンテージチャート的には★★★と並年となりますが、ラベルがとてもいいですね。いつもの女性よりも若い?うつむき、恥じらい系振り向き横顔は初めてなんじゃないかな?
 
さて、モンテラポーニのCC2014年(毒味済)、モンテヴェルティーネのピアン・デル・チャンポロ2014年(毒味済)、モンテヴェルティオーネ2013年、レ・ペルゴレ・トルテ2013年、一部は毒味済で、すっかり日本市場ではリリース済ですが、実は少しネガティブな問題があり(また怒られそうや)、モンテラポーニにも、モンテヴェルティーネにも確認をしましたが、これを消費者の皆様にどう説明、ご理解頂こうかと思案中です。 


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今一度2009年を飲み直さねばと思わせる。 [飲んだの喰ったの]

写真 2017-02-08 17 47 07.jpg
 
(ログインしないと表示されません)
 
完売しております。ただし、今後も2010年が買い付けできるチャンスは少なからずあると考えています。ただしヴェロネッリ誌2017年度版にすでに2013年が掲載されていますので(★★★94点)、2010年も立派なバックビンテージとなりますね。
 
この2010年や2004年を立て続けに飲んでいますが、やはり美味しいです。サンジョヴェーゼ100%からなるIGTは数ありますが、フォンタローロらしい個性、美味しさ、揺るぎないですね。
 
日本市場における正規輸入元さんの現行が2009年、当時は割高感があって華麗にスルーしたわけですが、値下げ、かつ、バックビンテージならではの飲み頃的優位性を思うと再毒味すべきだと実感です。
 
(ふふふ) 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バレンタイン [西野家専用]

写真 2017-02-05 11 13 27.jpg
 
スマイルビスコ 
 
オリジナルパッケージが作れます。

写真 2017-02-05 11 13 39.jpg
 
ぱかりんこ。
 
写真 2017-02-05 11 14 27.jpg
 
 
 
藍チャソ!
 
 
 
 

タグ:藍ちゃん
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

臨時休暇のお知らせ [酒屋専用]

 
  • 2017年2月12日(日曜日):臨時休暇
  • 2017年2月13日(月曜日):定休日 
 
誠に勝手ながら、2月12日を臨時休暇とさせて頂き、翌13日と連休とさせて頂きます。
 
休暇期間中の受注確認、お問い合わせに対する返信、決済確認や出荷作業はお休みとなります。モロモロの業務は2月14日(火曜日)以降に順次処理させて頂きますのでよろしくお願い致します。
 
 
 
 
ということで、今週はメルマガを一通も出さないというサボりっぷりでした。まあ、母の命日もありましたしね。あれから一年かあ(遠い目)。「これまで」と「これから」考えていたようで、何も考えていないようでもある。色んな意味での節目ということで今回の臨時休暇を頂きます。また火曜日からがんばりますね。
 
探さないで下さいね(引き蘢ってますので)。 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご案内と販売は14日(火曜日)の予定です! [毒味または晩酌]

IMG_7251.jpg
 
Chiara Aurora 2015 Poggio Scalette
キアラ・アウローラ 2015 ポッジオ・スカレッテ
 
再三お伝えしておりますが、イル・カルボナイオーネ2014年カポガット2014年(完売御礼)をお買い求めのお客様のみに、キアラ・アウローラ2015年のご案内をさせて頂きます。2月13日(月曜日)の深夜0時までにお買い求め下さいね。以降は一旦商品ページが表示されなくなりますので。
 
少し画像がアンダーな処理になってしまいましたが、実物はもっと明るい感じですね。効かせ色がチェレステっぽいのもイタリアな感じ。ポッジオ・スカレッテのカジュアルな白となり、トレッビアーノ種100%を発酵、熟成ともにステンレスタンクで行うクリーンなワインとなります。
 
トレッビアーノはピンキリの振れ幅が大きいですね。ただし、ピンの方が何も樽熟成させたものとは限りませんし、個人的にはトレッビアーノに樽熟成は似合わないと考えています。酒質がチープになるかどうかはやはり「密度」「酸」ここらへんが最重要、いや、最も重要なのは「バランス」で間違いはありませんけれども。
 
このキアラ・アウローラ2015年もとてもバランスがいい。酸味は隅々まで行き渡るし、ヌケがない密度がある。基本がちゃんとしてるからチープな部分はない。トレッビアーノらしいあっさりともしてるし、さっぱりともしてる。真の意味での「いいワイン」というものを知らないと「飲み過ごして」しまうタイプ。
 
そう『真の意味での「いいワイン」』これを感じる、理解できる、選別できるようなって欲しいなあと思う。それはお客様に対してというよりも、飲食店やショップに従事している方々に対してかな(何を偉そうに)。「いいワイン」の基準は人それぞれだし、それが「真であるか否かも」人それぞれだけれどもね。
 
輸入元の試飲会であーだこーだ話しながらテイスティングしているのを聞いていると‥(わかってないなー)そもそもモノサシが出来上がっていないんだけれども、でも、あたしもそうだったので微笑ましく静観しています。
 
まあ、こういうことを書いたり言うから「老害」といわれるんだな(言われてるんだ)。
 
脱線しました。
 
お値段も2,000円台中盤と、気軽にお試し頂ける白です。本数の関係で、今回は同じポッジオ・スカレッテのワイン達にお付き合い頂ける方対象とさせて頂きますが、普通に通常商品になればいいのにね。 
 
さて、火曜日の午前中にはこのワインの販売に関するメルマガを、条件を満たしたお客様のみに配信し販売を開始する予定ですが、商品画像は上記の画像と同じです。実は、今週に入荷を済ませて画像を撮影するつもりだったのですが‥ごめんちゃい。
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理