So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の正規さんも扱えばいいのにね。 [毒味または晩酌]

写真 2016-07-28 18 40 27.jpg
 
Radici Fiano di Avellino 2014 Mastroberardino
 
並行モノです。
 
いわゆるインデントリストに掲載されていたもの。
 
古酒やバックビンテージを探すのが常ですが、このワインのように(ほぼ)現行ビンテージながら、日本市場に導入されていない銘柄なんかも買い付けすることもあります。
 
飲んでみたい。
 
直感ですかね。 
 
もちろん、値ごろ感‥大事です。 
 
ビンテージこを違いますが、スタンダードのフィアーノとの飲み比べもいいと思います。いずれも発酵、熟成ともにステンレスタンクですから、原料となるブドウの違いがストレートに表現されます。もちろん、ビンテージが違うのはご考慮下さい。
 
知るために比較しながら飲む(飲み続ける)というのは大事です。
 

コメント(0) 

まかない。 [毒味または晩酌]

 
肥後橋まで配達。
 
>西野さんマカナイ食べて行きはります?
 
>でわ、ちょっとだけ‥。
 
写真 2016-07-30 15 01 04.jpg
 
ミニラーメンと、ミニチャーハン。
 
白いクロスに、シルバーもあるとずんごく高級ですね。
 
いやあ、めっちゃ旨かった! 
 
それにしても靭公園はポケモンGOに興する人々が多いですね。
 
ならば‥
 
133337e5de699d4de016d8bf126d9479.jpg

今ならすぐにテレビ取材も入ると思うんだけどなあ。
 
(速攻、却下されました。) 
 

コメント(0) 

新しいラベルはまるで体を表しているように思えます [毒味または晩酌]

写真 2016-07-22 18 17 00.jpg
 
 
この2015年からラベルデザインが一新されました。
 
ボトル形状も厳ついボルドー型から、撫で肩でシュッとしたボトルに変更。
 
シンプルかつビューティフルで悪くないですよ。
 
ただし、その味わいは不変。
 
大手生産者であり、伝統的な生産者でもある。
 
このフィアーノも変わらず美味しい。
 
安定してる銘柄はいいですね。
 
安定は安心にも繋がる。
 
まあ、たまには冒険も必要だけれども。
 
白い果肉の果実と、白い花のイメージ。
 
とても洗練されていて、清楚なワイン。 

コメント(0) 

ディレたんに思いを馳せながら‥ [毒味または晩酌]

写真 2016-07-26 20 45 46.jpg
 
 
最近は、他の造り手のフランチャコルタも増えましたので、カヴァレッリを飲むローテーションが開き気味ですが、在庫少なくなったこちらを。 
 
なお、もう輸入元さんにもこのサテン・ゼロ・ディ・ズッケロの在庫はありません。
 
ただし、ゼロ・ディ・ズッケロの生産は今回のみ‥という訳ではなく。またいつかドサージュしないと判断する時が来ると思うので涙は見せない。
 
ミラノ万博のシールが(遠い目)。瓶内二次発酵期間の長さもさすことながら、スプマンテはデゴルジュエメント後瓶熟成もするんですよね。まあ、スティルワインとは描く放物線は違いますし、それほど経験ありませんけどね。
 
サテンですから、少しガス圧は低いはずですが、ガス量に不足感はありません。キメ細やかで果実味も落ち着き、馴染んでいます。フランチャコルタらしい果実味に溢れ、いやはや久々ですがやっぱり美味しい。 
 
ディレたん、今年は来ないのかなあ。 
 


コメント(0) 

一輪のバラも愛らしい… [毒味または晩酌]

写真 2016-07-26 18 04 22.jpg
 
 
2014年も美味しかったのですが、2015年は輪をかけて美味しくなっています。
 
やっぱり2015年、かなりいいビンテージかもしれませんね。
 
もちろん、産地、生産者、銘柄によりけりですから慎重にセレクトしてご案内したいと思います。
 
このアルジオラスのセッラ・ローリも素晴らしい。
 
多品種混醸の利点である折り重なるような複雑味があり、しっかりとした密度、果実ゆらいのほんのりとした甘味もありながらも、心地よく、良質な酸味、繊細なタンニン、最後は辛口でフィニッシュ。
 
文句ありませんね。 
 
フルーツトマトの冷製パスタ、具材に甲殻類でどう? 

コメント(0) 

販売予定はありません(キリッ) [毒味または晩酌]

写真 2016-07-15 18 01 48.jpg
 
Rossj - Bass 2002 Gaja
ロッシ・バス 2002 ガヤ
 
どうしても販売する可能性あるワインの毒味が優先されますが、たまには販売の予定なくプライベートにワインを飲みたくなる時もある。ただし、それは毒味に疲れているわけではなく、どこかリセットなんでしょうね。
 
ガヤの白の古酒。実は集めてたりします。ただし、ガイア&レイは高くて手が出ませんので、シャルドネならロッシ・バス、ソーヴィニョン・ブランならアルテニ・ディ・ブラッシカ。たまにオファーがあるんですよね。
 
2002年のロッシ・バス。決してビンテージは良くないのですが、腰が抜けるほど旨い。
 
深い黄色をしてるでしょ。パインなどの南国系フルーツと、柑橘のいずれもが深い。でもクドくないミネラルもある。重いんだけれども、重苦しくはない。アルコール感も適切。
 
悔しいんだけれども、ガヤって凄いと思うわ。
 
まったく老ねた香味がない。
 
あと5年なんて余裕だろうな。 
 
すんばらしい。
 

コメント(0) 

玉手箱 [頂き物生活]

写真 2016-07-27 9 50 55.jpg
 
お客様からの頂き物‥(役得‥役得‥)
 
箱を開けた途端に‥桃の甘くジューシーな香りが広がります。 
 
はあ、いい香り。
 
オカンにもお供えさせて頂きますね。
 
おおきに。 
 

コメント(0) 

あおざしからり茶屋@ルクア・イーレ [毒味または晩酌]

写真 2016-07-25 16 52 21.jpg
 
あおざしからり茶屋@ルクア・イーレ
住所:大阪市北区梅田3-1-3 ルクア・イーレB2
電話:06-6485-7771 
 
藍チャソと梅田で待ち合わせ。一緒にポケモンも探しさまよいましたが、ちょいと疲れたので甘味処で一息。
 
あたしは、ずんだクリーム、藍チャソは黒蜜きなこクリームです。
 
ルクア・イーレの地下ですから、伊勢丹跡、当時は赤福茶屋が入ってた場所ですね。
 
やっぱり阪急・阪神とは違い、活気がないなあ。
 
 
せっかく月曜日・定休日で天神祭・花火でしたが、あまりヒトゴミは得意ではない。
 
散々、縁日・屋台のモノは喰うな・買うな‥な、にしの家ですからそういう楽しみもないしね。
 
 
 

タグ:藍ちゃん
コメント(0) 

「イタリアワイン GO」 [ほぼ雑談]

sassicaiago.jpg
 
 
外に出てイタリアワインを捕まえよう!
 
イタリアワインは、あなたの住む世界のあらゆる場所で、
目にすることができます。
イタリアワインを見つけたら、知らない人のセーラーでもソムリエナイフを使って抜いちまおう! 
 
 
イタリアワイン図鑑を完成させよう!
 
「イタリアワイン GO」の世界には、たくさんのイタリアワインが登場します。
いろいろな場所を歩き、探索して、20州、様々な品種からなるイタリアワインを見つけよう! 
 
 
チームに入ってワイン会しよう!
 
イタリアワインラヴァーたちは20州のチームに分かれて
バトルを繰り広げ、『ワイン会』を取り合います。
仲間と協力しながら、どんどんワイン会を増やそう! 
 
 
もっと楽しもう!
 
「イタリアワイン GO」では、ワインラヴァーのスタイルを
自由にカスタマイズしたり、様々なチャレンジに挑戦して
『セラーの増設』や『グラス』を集めたり、いろいろな楽しみ方が可能です。 
 
 
btn-apple.png
 
btn-google.png
 
 
基本プレイ無料  ※一部アイテム課金あり(ニヤリ)
 
 

コメント(0) 

久々の赤はモンテヴェルティーネ(←やっぱ旨いわ) [毒味または晩酌]

 
昨晩は「トラットリア・にしの」でした。

写真 2016-07-23 20 56 22.jpg
 
アスパラガスのビスマルク風と、コッパ。
 
(やっぱりスライサー買おうかなあ) 
 
まあ、厚切りもおいしいけどね。 
 
写真 2016-07-23 20 59 09.jpg
 
テールスープを仕込んだ隣でトリッパも煮込んでおりました。
 
鶴橋のお肉屋さんで購入しました。
 
少しテールスープも加えて煮込んであります。
 
パスタはフリッジ。いい感じでトマトソースと絡んでくれます。
 
今回もトリッパは上出来だなあ。 
 
写真 2016-07-23 20 59 56.jpg

 
このところ、白や泡が多かったのですが、ここは赤ですね。
 
現在2013年を販売中のピアン・デル・チャンポロ。
 
今回は2011年ね。
 
モンテヴェルティーネらしいサンジョヴェーゼのお味はやっぱり大好き。
抜栓したてから、しっとり、つゆだくジューシーな果実味がうまうまだー! 
 

コメント(0)