So-net無料ブログ作成

Chianti Classico 2015 Querciabella [毒味または晩酌]


キャンティ・クラッシコ 2015 クエルチャベッラ

クエルチャベッラのCCがようやく2015年になりました。

日本市場が遅れているのかどうかは不明ですが、他の造り手のスタンダードなCCは今年2016年がリリースされる銘柄も多い中、待望の2015年ですね。

これまでCCや、CCR、RDMなど、様々なサンジョヴェーゼの2015年を試してきましたが、このクエルチャベッラも含め、どれもこれも「バランスの良さ」を実感して頂けると思います。それぞれの作品にそれぞれのバンラスがありますので、もちろん表現された作品に違いはありますが、どの作品もなにかの要素が突出し過ぎることがない‥均整の取れた「バランス」だと考えています。

なにかの要素が突出することで、印象も強くなりますし、その突出した部分が好みであれば、より一層となりますが、それはバランスの悪さをその突出した部分でカバーしているのかもしれません。

2015年のクエルチャベッラ。


「他愛もない」「ありきたりな」とさえ思うほど「至極真っ当な」「お手本、教科書通り」のような「出来の良いキャンティ・クラッシコ」であり「期待通りの、イメージ通りのキャンティ・クラッシコ」に仕上がっています。

バランスの良さは、突出した優れた点も感じ難いかもしれませんが、「悪いところがちっともない」状態でもあるんですよね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。