So-net無料ブログ作成

Dessimis Pinot Grigio 2016 Vie di Romans [毒味または晩酌]

写真 2018-06-01 17 49 22.jpg

Dessimis Pinot Grigio 2016 Vie di Romans
デッシミス・ピノ・グリージョ 2016 ヴィエ・ディ・ロマンス

実際の色合いはもう少しだけ赤味があります。

ヴィエ・ディ・ロマンスの中でも唯一無二の個性を持つのがデッシミスですね。輸入元さんの在庫も毎年一番最初になくなるのがこのワイン。ということで2016年シリーズの毒味、初っ端はこのデッシミスとなりました。

全体的に2015年よりもアルコール度数高めで、デッシミスの2016年は15度に迫るアルコール度数を誇りますが、これがいい。二言目には昨今のアルコール度数の高さへの警鐘か、そのバランスに関してどーのこーのとアルコール度数が高過ぎるワインに関してネガティブなことも書きますが、このデッシミスはこれぐらいがいいと実感する出来栄。


アルコール由来のボリュームや甘味が、さらにデッシミスを大きく、奥深くさせてくれる。三日目には大人しくなりますが、この2016年はそんな甘味やボリュームを、タンニンや酸味‥だけではなく苦味が重苦しくさせないのもいい。

一時期はその個性が薄れていた時期もあったが、この数年はデッシミスらしさ全開。2015年も良かったけれども、アルコールのボリュームと、ブラッドオレンジの苦味でさらにパワーアップした2016年、いいです、いいです、いいんです!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。