So-net無料ブログ作成

Pinot Nero Alto Adige 2013 Franz Haas [毒味または晩酌]


ピノ・ネロ・アルト・ディジェ 2013 フランツ・ハース

お陰様で混醸の白マンナ2015年共々よく売れています。

希望小売価格5,000円税別と決してお手頃価格ではありませんが、そこをなんとか‥ギリ4,000円斬りの3,980円税込で販売させて頂いております。

自分でも良い値付けだと思います。

生産者から同じワインを同じ価格で買い付けても、輸入元によって希望小売価格はかなり変わるはずです。色んな考え方もありますし、輸入元によってコストも違いますからね。それをどーの、こーの、とは言いません。

売り文句として希望小売価格と実際の販売価格と比較して、「ホニャララ円引き!」や「チョメチョメ%OFF!」など、その価格差を煽り文句に使うこともありますが、実際には、自分が飲んでみてこのワインならこの価格が相応しい、このワインならこの価格で販売したい。

そんな希望販売価格を計るモノサシを持っています。

もちろん、味だけで価格が決まるわけではないんですけどね(ここ重要)。

自分の思う希望販売価格にどうやって近づけるか?ですね。あまりにもかけ離れていれば、華麗にスルーとなるわけです。


あ、脱線しました。

イタリアのピノ・ノワール(ピノ・ネロ)で、なかなか納得できるワインはないのですが、数少ないイタリアのピノ・ノワールでおいしいと思えるもの。それがこのフランツ・ハースのピノ・ネロなんですね。

では、ブルゴーニュのような?カリフォルニアのような?いえ、あくまでもイタリアワインらしさですね。どこから、どう飲んでもこのピノ・ノワールもイタリアワインです。でも、ピノ・ノワールらしさのないピノ・ノワール(ピノ・ネロ)を名乗るイタリアワインのなんと多いことか。

2014年はスッポ抜けでしたので、待望の2015年です。うーん、やっぱりココのピノ・ネロ大好き。

ただし、毒味にも記載していますが、まだ若く、硬さを感じ、程よく解れるまでに少々のお時間がかかります。ただ、それはあと何年瓶熟成させるべきか?という話しではなく、できれば三日間ほどかけてじっくりと飲んで頂きたいと思います。もちろん、絶好のビンテージ、数年の熟成後も試してみたいですけどね。

まずは、一本お試し下さい。とてもイタリアを感じさせながらも、ちゃんとピノ・ノワールですよ。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。