So-net無料ブログ作成

Vieris Sauvignon Blanc 2015 Vie di Romans [毒味または晩酌]

写真 2017-07-11 17 51 01.jpg

Vieris Sauvignon Blanc 2015 Vie di Romans
ヴィエリス・ソーヴィニョン・ブラン 2015 ヴィエ・ディ・ロマンス

ミアーニのジテッレのソーヴニョンブランを二種(2015年)を立て続けに飲んでいますので、ヴィエリスを毒味するのは今がチャンスとばかりに。

これまで樽熟成させたソーヴィニョン・ブラン(以下、樽ヴィニョン)を扱ってこなかったのは、ソーヴィニョン・ブランに求める爽やかさや、緑の要素、なんならサッパリとしていて欲しいという部分が損なわれると思ってたからであります。もちろん、樽ヴィニョンには樽ヴィニョンらしい楽しみ方があるわけですが、あまりにも熟れ、濃く、アルコール度数高い樽ヴィンニョンはもはやソーヴィニョン・ブランらしくないという判断でした。

逆に樽熟成させたシャルドネ(以下樽ドネ)は、どっぷりと熟れ熟れ濃密、度数も高く(熱くなければ)ボリューミーなのは大好物なんですけどね。樽ドネはそういうスタイルを求めたりもします(のに、昨今のイタリアの樽ドネはミネラルが勝ち過ぎなのよ)。

まあ、飲まず嫌いもあるんですけどね(結局そこか)。

このヴィエリスお2015年。非常に良いです。素晴らしいです。2015年のヴィエ・ディ・ロマンスは樽使いが至極上品なのはこのヴィエリスにも共通しています。ミネラルと果実の厚み、樽香が果実香を邪魔したりはしません。何よりもアルコール度数が適切なのがこの2015年で、全体的なバランスがいいんですよね。

香りも高いが密度も高い。旨味もあるし酸味のレベルも極上。ひとつひとつを確認し、全体像を再確認。無理矢理はめたようなピースはない‥というバランスは素晴らしい。

ミアーニのジテッレや、ガヤのアルテニ・ディ・ブラッシカと遜色のないおいしいワインだと思いますよ。でも、価格はグッとこちらの方がお求めやすいですよね。

もちろん同じではありませんが、同じステージにある。違うのは価格。

ミアーニ(のジテッレ・カヴァ)と比較すれば一万円の差があるわけです。ならば、ヴィエリスを軸とした場合、一万円高いミアーニを「ミアーニって高っけーなー、コスパ悪過ぎ、もう飲まない」とはならないのもワインの不思議なところ。ミアーニを軸とした場合、一万円も安いわけだが「なんだこりゃ安物じゃねーか」とならないのも同じ。

どうしても額面だけでワインを選ぶお客様はいらっしゃる。

高い方が旨い。

間違いではないけれども。

ヴィエリス、すばらしい樽ヴィニョンですよ。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。