So-net無料ブログ作成
検索選択

タンニンも酸味もたっぷりだけど質は極上、力強いバローロです! [毒味または晩酌]

IMG_7729.jpg
(ええ、折りましたよ、折りましたとも)
 
 
残り僅かです。
 
年号、状態、価格も文句なしでかねてから飲んでおきたかったのですがようやくです。
 
グラスはヴィノムのブルゴーニュ型で、抜栓したての注ぎたては、鉄分を感じさせる熟成香が前に来ますが、ほどなくして落ち着きます。セッラルンガ・ダルバらしい香味は、どこかローヌを思わせるような腐葉土やスパイスが混じるように思います。
 
もちろん、熟成の恩恵として丸みや馴染みを感じますが、しっかりとしたタンニン、構成感も揺るぎない男性的なワイン。決して硬過ぎるわけでもないのですが、昨今のワインの「やわらかさ、しなやかさ」な飲みやすさではない部分ですね(飲みにくいわけではない)。
 
果実味を含めて力強さを感じますね。
 
うーん、セッラルンガだなあ。 
 
いいタイミングのひとつだと思います。
 
根菜、牛肉の煮込み、デミっぽいソースとか。 
 

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。