So-net無料ブログ作成

卑怯な最終兵器が遂に100点を獲ってしまった‥orz [参考資料]

スクリーンショット 2017-02-03 14.43.30.jpg
 
イタリアが誇る最高のデザートワインとなれば、これしかありません。
 
最新ビンテージの価格は、フルボトル換算だとマッセートに抜かれてしまいましたが(たぶん)、それまではこのワインがイタリアワイン最高価格だったと思います(たぶん)。なお、ビービー・グラーツの価格だけ高い(バカな)ワインは論外です。
 
価格のみならず、その評価も最高なわけで、ヴェロネッリ誌においては、忘れてた頃に100点または99点の赤ワインが出現しますが、そうでもない限りはこのワインが最高得点、そうであれば2位というポジションが定着していますね(たぶん)。 
 
ということで、ワイン・アドヴォケイト誌のモニカ・ラーナーは2001年のオッキオ・ディ・ペルニーチェに100点を献上しました(「パーカーポイント」とは呼ばないで下さい。「ワイン・アドヴォケイトのポイント」または「ワイン・アドヴォケイトのモニカ・ラーナーのポイント」と呼びましょう)。
 
正直、このワインの特定ビンテージに100点を付けると、以降のビンテージの点数付けって難しいだろうなあと思います。この2001年が最新ビンテージとなるわけですが、小さな樽で10年以上もの樽熟成を経るわけです。もちろん、ブドウも(ほぼ)完全に乾燥させたブドウなわけでビンテージによる差が出難いんですよね。
 
なお、ラベルデザインは数年前から変更になっていますね。左がハーフボトル(375ml)で、右がさらに小さなボトルです。なぜかDOC(G)シールのデザインが違うような気がするのですが、容量によるDOCまたはDOCGの規定があったかどうか定かではありません。誰が調べて教えて下さい。
 
100点を取ったワインとなれば人気になりますし、市場価格も高くなりますから、100点を獲得した三種類のブルネッロ・ディ・モンタルチーノ達は(そう、三種類よ!)、輸入元さんに相談、商談をしてある程度確保の見込みがあってから「100点なんだってえ(俺、すでに確保してるもーん)」とあちこちに話すわけです(←性格悪いです)。
 
もちろん、このワインも100点を取ったという情報が入った瞬間に、正規輸入元であるモンテ物産さんの担当さんにメールで問い合わせいたしました。
 
現状在庫は2000年、極少量とのことでした。モンテ物産さんの場合希望小売価格と言うよりも参考価格となりますが、54,502円税別‥
 
(お、おう) 
 
375mlのハーフボトルですから、フルボトル換算すると109,004円税別、税込にすれば117,724円税込となりますね。
 
(お、おう)
 
現状2000年の在庫が(まだ)あり、2001年の入荷は未定とのことでした。
 
端から高額なワインですし、100点を獲得したからと言ってそう暴騰するとも思えませんが、2001年は記念に(!)1本は欲しいものですね。
 
なお、オッキオ・デル・ペルニーチェともなると経験のないお客様も多いかもしれませんが、個人的にはやはりスプーンで飲むのがオヌヌメです。なぜグラスではないかと申しますと、あまりにも粘性が高いために、グラスに入れてしまうと、グラスの内側に付いた部分だけで何mlが損しそうな気がしてならないというケチな理由です。ドロドロとミキプルーンな液体はスワリングすれば、そりゃあ、グラスな壁に塗られた表面積の広さから香りは広がりますが、その分、飲む量が減りますね。ましてや、そのグラスを洗うなんてのもちょーもったいない。だから、スプーンに入れて、そう、ミキプルーンを口に含むように飲むのがオヌヌメです。スプーンは金属製、木製はお好みで。
 
なお、このワインはリーサル・ウエポン(最終兵器)となりますので、ワイン会をぶち壊したい時に持参するのがオヌヌメです。どれだけ高額で、濃厚な(スティル)ワインを自慢げに振る舞われても、最後にこれをひとさじ口に含むだけで他のワインの記憶、余韻はなくなりますからね。まあ、罪なワインですわ。
 
ということで、弊社ではまだ1997年を販売しております。
 
しかも、これ‥正規なんすよ(うしし)。たぶん、1997年の正規を持ってるのはあたしだけかもしれない(だって当時取り寄せしてもらったんだもーん)。 

 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。