So-net無料ブログ作成
検索選択

まだまだ進化と深化が期待できますね [毒味または晩酌]

IMG_7259.jpg
 
 
2009年はとっくに完売。2013年からパッソロッソ(Passorosso)と名前を一新して販売中です。
 
モロモロ大人の事情がございましてエトナのワインの復習の一環です(復讐ではありません)。 
 
現行が2013年ですから4年の追熟成。一昨年に2007年を蔵出し古酒として販売させて頂きましたが、この2009年は思ったほど熟成は進んでいないですね。
 
まだまだ熟成ポテンシャルや、熟成後の味わい、味わい方のサンプル数が足りない品種・産地のワインとなりますが、なかなかバックビンテージや古酒の入手も困難。ストックを持っておけばよかったと思うが、なかなかピエモンテやトスカーナのワインにそのスペースを占領されますね。 
 
DNA的には決して近くはないのだろうけれども、イタリアでさえエトナのネレッロ・マスカレーゼはピノ・ノワール(ピノ・ネロ)に近い風味を持つ品種とされているし、それも納得。共通する香味は持つが、もちろん同じではないし、あくまでも「楽しみ方が近い」と表現する方がいいのかな。
 
日照条件他、良いとされる区画や畑もおおよそ決まっているようで、クリュの概念もあるのもブルゴーニュ的なのかもしれませんね。ただし、まだまだクリュの個性が伝わってない現状、クリュの優位性なんてまだまだ。だからクリュだからって高いというのもまだまだのはずなんだけどね(まだあたし自身に実感がない状態、経験値増やさねばね←経験値が増えたらクリュの優位性を理解し、高くても‥と思うようになるつもりもなんだけど)。 
 
これだけ樹齢の高い古樹が残っていたものの‥それまではきっと「別の品種」として「別の州」に売られていたかもしれない(殺される‥)。
 
ネレッロ・マスカレーゼが、エトナが、キチンとした産地として認識され、知名度も上がったのは何よりですね。ボリゲリ以来‥?近年のイタリアで一番成功した産地ではないでしょうか。
 
やっぱ旨いんだよなあ。まだまだ進化も深化もする産地、品種ですね。 


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。