So-net無料ブログ作成
検索選択

informazioni sugli eventi

[イベント] 《随時更新》10月31日(火曜日):Gambero Rosso Tre Bicchieri World Tour 2017(東京)
-
[イベント] 《随時更新》11月13日(月)〜17 日(金):Wine Tasting Giappone 2017 Consorzio del Vino Brunello di Montalcino(大阪/東京)
-
[イベント] 《構想中》サイゼリヤ全制覇会
-
[イベント] 《構想中》酒の王子による意見交換会
-
[イベント] 《構想中》ガンプラワイン会(上映会あり)
-
[イベント] 《構想中》ヒロスエワイン会(上映会あり)
-
[イベント] 《構想中》おニャン子クラブを懐かしむワイン会(会員番号での会話必須)
-
前の4件 | -

ヴィーノ・バール・チルカ@上本町6丁目 [飲んだの喰ったの]


東京からお客様が‥飲みに行きましょう。

お仕事20時までですのでそれからになりますからそれから‥。

あたしのチャリンコ駆けつけ圏内で最高のイタリア料理店はこちらです。

Vino Bar CIRCA  ヴィーノ・バール・チルカ
住所:大阪市中央区東平2-5-2
電話:06-6764-6070 

写真 2017-06-23 20 16 38.jpg

夏場はひんやり仕様のスープ。

甘味あるベースにエダマメの風味がいいですね。

写真 2017-06-23 20 29 26.jpg

いつもの冷菜盛り合わせですが、お客様が苦手な食材ハズシなのでいつもとちと違います。

雑穀を使ったサラダはモトカノも真似しちゃってます。

イサキのカルパッチョ的なものも美味しい。

夏野菜に力強さ。

豚耳ほかもろもろの煮こごりっぽいパテもサルサヴェルデがいいですね。

写真 2017-06-23 20 39 22.jpg

冷菜の後は、お約束の温菜。

やさしいレバーパテ、しらすのフリッタータの塩分でワインが進みます。

写真 2017-06-23 21 08 25.jpg

安藤シェフのパスタは楽しみでならない。

こってりとした鴨のラグーなんだけど、実山椒がさわやか。

このコントラストがたまらない。

写真 2017-06-23 21 26 38.jpg

ほほ肉の煮込みもどっぷりと深い味、丼にしたい。

ホワイトアスパラのグリルが一陣の風。

相変わらず、落ち着くお店なんだよね。

いい時間が流れています。

写真 2017-06-23 20 28 50.jpg

Rossj - Bass Chardonnay VdT 1992 GAJA
ロッシ・バス・シャルドネ 1992 ガヤ

ド・オフな1992年で少し心配でしたが、超ロングコルクで守られた鉄壁のガヤのシャルドネは酸化熟成は進み、トロっと濃密さもあるが、ミネラル感もあるのがこれまたガヤ。

旨いなあガヤの白は大好きだよ。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボンゴレ・ビアンコを作ってみた。 [中坊ですよ(˘❥˘)]

写真 2017-06-24 20 56 51.jpg

市場で大きなアサリがお安かったもので。

パスタは久々にスパゲッティーニ(1.6mm)。いつも太麺(1.9mm)ばかりですがたまにはいい。

アサリはあまり火を通し過ぎないようにパカリンコしたらそそくさと避けるのですが、ちょっとソースの詰めが甘かったかなあ。もっとアサリ出汁が前にしたかったんだけどアっサリしてるかな。


もう一度書くで。


サリしてるかな。

もう一度‥‥(もうええわ!)

ちなみに月曜日は採血あるので数ヶ月振りに禁酒中です(ツライ)。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Sofi Muller Thrugau 2015 Franz Haas [毒味または晩酌]

写真 2017-06-20 17 15 40.jpg

Sofi Muller Thrugau 2015 Franz Haas
ソフィ・ミュラー・トゥルガウ 2015 フランツ・ハース

スキアーヴァは当確。このミュラー・トゥルガウも悪くないんだけれども惜しくも落選。

ミントに白い花、柑橘主体だけれども、少し桃の風味もある。レモンバーム、イタパセの緑の風味。

塩味があり、ギュンと引き締まり、シャープな酸味がある。12.5度というアルコール感も悪くない。

個人的にはタイやベトナム料理と合わせたい。辛味、酸味、そこにパクチーどっさりと合いそう。

なんだけれども少しあたしにはミントっぽさが強い。フリスクを噛みながら白ワインを飲んでる感じ。前述の通りエスニック料理には合いそうなんだけれども、にしの家の食卓には似合わない。

ミンティな感じは清涼感あっていいんだけどね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Sofi Schiava 2015 Franz Haas [毒味または晩酌]

写真 2017-06-20 17 32 17.jpg

Sofi Schiava 2015 Franz Haas
ソフィ・スキアーヴァ 2015 フランツ・ハース

先日は、カラブリア州のガリオッポ種からなるチロ・ロッソを夏の赤ワインとしてご案内しましたが、そんな夏の赤ワインの第二弾(的)な赤のご紹介です。

今回は北イタリア、アルト・アディジェ州からスキアーヴァ種からなる軽やかな赤ワイン。透明瓶に入ったそのワインの色合いは、少し黒紫も入りますが明るさ感じる透明感のある赤。

真っ赤なチェリーや、イチゴ、フランボワーズなどのチャーミングな果実香に、スパイスが混じるスキアーヴァらしい香味。ロゼ以上だけれども、赤未満とまでは言わない。ミディアムに近いライトな飲み口は冷してこそ活きるかもしれません。

冷蔵庫キンキンに冷しても萎縮することのないフルーツの香味も嬉しいですね。白や泡じゃない‥でもロゼだとまだ弱いかな?でも、こんなクソ暑いのに濃さもアルコールもどっぷりは勘弁して欲しい‥そんな日に嬉しい涼しげな泡は度数12度だからそりゃあ飲みやすいわね。スクリューキャップも便利、冷蔵庫に常備して欲しい一本ですね。

夏はこういう赤が使い勝手いいのよね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -