So-net無料ブログ作成
検索選択

informazioni sugli eventi

[イベント] 《随時更新》10月31日(火曜日):Gambero Rosso Tre Bicchieri World Tour 2017(東京)
-
[イベント] 《随時更新》11月13日(月)〜17 日(金):Wine Tasting Giappone 2017 Consorzio del Vino Brunello di Montalcino(大阪/東京)
-
[イベント] 《詳細後日発表》6月14日(水曜日)
-
[イベント] 《構想中》サイゼリヤ全制覇会
-
[イベント] 《構想中》酒の王子による意見交換会
-
[イベント] 《構想中》ガンプラワイン会(上映会あり)
-
[イベント] 《構想中》ヒロスエワイン会(上映会あり)
-
[イベント] 《構想中》おニャン子クラブを懐かしむワイン会(会員番号での会話必須)
-
前の4件 | -

Franciacorta Blanc de Blanc Brut Saten Zero di Zucchero NV Cavalleri [毒味または晩酌]

写真 2017-05-17 19 11 50.jpg

Franciacorta Blanc de Blanc Brut Saten Zero di Zucchero NV Cavalleri
フランチャコルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・サテン・ゼロ・ディ・ズッケロ NV カヴァッレーリ

蒸し暑いですね。こんな時はブドウソーダが欲しくなります。

キリリと引き締まったノン・ドサが嬉しいですね。

熟成させるつもりでストックしていたわけではありません。ゼロ・ディ・ズッケロのは大好きだったので、夏にもう一度試してみようとお客様に見つからない場所に並べておりました(売る気あるんか)。

まだミラノ万博のシールが入ってあるのはご愛嬌。そもそもサテンですし、もう少しガスが弱く感じるのか?とおもいましたが、まだまだ元気ですね。新鮮ささえ感じる香味、ノン・ドサらしい残糖感のないドライな飲み口ながら、カヴァッレリのフランチャコルタらしい果実味も十分。

やわらかさとキレのハイブリッドがいいですね。

残り数本、まあ売れなくてもいいんです。

そもそも、俺が飲むつもりのストックですから。




コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Promis 1999 Pieve Santa Restituta / Gaja [毒味または晩酌]

写真 2017-05-09 18 10 38.jpg

Promis 1999 Pieve Santa Restituta / Gaja

プロミス 1999 ピエーヴェ・サンタ・レスティトゥータ/ガヤ

Gajaのプロミスと聞けば、Gajaがボルゲリに所有するカ・マルカンダのスタンダードなワインのイメージの方が一般的になったかもしれませんが、そもそも、Gajaがモンタルチーノのピエーヴェ・サンタ・レスティトゥータで醸されるIGTの名前だったんですよね。


サンジョヴェーゼを主体に国際品種の混醸だったはずで、2000年頃まで生産されていたようです。当時はさりとて高額なワインではありませんでしたが、あたしが入手したこの1999年はすっかりそれなりのお値段になっておりました。

とはいえ、そのお値段に見合う内容‥。うん、ベースとなる(であろう)サンジョヴェーゼがやっぱりモンタルチーノだわ。国際品種との混醸もとてもマッチでーす!で、やっぱり旨いんだよね。1999年らしいしっかりとしたコシもあり、熟成も感じるがまだまだ先もある。

約束された味ですね。

約束された味ですね。

約束された味ですね。


約束された味ですね。


約束された味ですね。

約束された味ですね。

大事なことなので‥



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

リア充 [飲んだの喰ったの]


あなたのiPhone 6Sは対象ではありませんか?

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

悩まされていたほどではありませんが。確かに突然落ちる、強制再起動も失敗するなど‥忘れたころに。シリアル番号を入れれば交換対象機種かどうか判明、そのままAppleのサービスセンターの予約も可能です。

長らく放置していたのですが、あたしの6Sも一年半を過ぎ、半年後には7Sにするか?8にするか?老眼も進んできたのでプラスにしようか?と悩ましいわけですが、正直そんな最新機種にせずとも、まだまだ闘える。ましてや、へたったきたバッテリーが新品にリフレッシュされるわけですからね。

半年後の契約更新月にMNPで格安SIMへ。そのまま6Sを使い続けて8Sあたりが来年でるならSIMフリー機をアップルストアでと思うのだが、格安SIMへの移行にまだ迷いが(というか勉強不足、データSIMだけなら‥ですが、通話量が不安定なもので、海外で現地SIM調達もまだまだ俺にはハードルが高い←海外行けよ)。

さて、Appleの修理となれば、いつもは心斎橋のApple Storeの天才バーを予約するのが常ですが、あそこは予約が取り難い。しかも、めさくさ混んでる、近くにあるのはマクドだし‥ミナミは外国人多過ぎて疲れるし。

ということで今回は、梅田のルクアイーレ(旧JR大阪三越伊勢丹)9Fの蔦屋書店に入っているカメラのキタムラが運営するAppleサポートセンターを予約。

ここいいんですよ。


リア充だらけです。


スタバも入ってるし、ソファも豊富、修理の待ち時間もそうやって過ごせる。しかも14時の予約なのに13時に早めに行ったらすぐに対応してくれるし、これが心斎橋のApple Storeだと14時までキッチリ待つことになっていたはず。

ソファで本を読んでる老若男女も、あちこちで働くスタッフも全員リア充、(俺、私、がんばつてる!)がギラギラしてる巣窟です。

自分もヤル気が出たような錯覚を感じることができます。

大阪では、空調が効いててタダで座れるスポットには「汚いオッサン」がつきものですが、ここには居ないシネ。

あまり本を読まないタイプですが、本当は本を読みたい。「経営(ドシロウトです)」「経理(数字読めるようにならなくては)」「エクセル(苦手)」ここらへんが課題です。いや「イタリア語(または英語)」も課題ですが‥。これまで如何にどんぶり勘定で非効率だったか身にしみてます(あかんやん)。

二人が居なくなってからようやく始めての決算も終わり(お陰様で黒字です‥ご心配なく)、自由になった今(語弊あり)ヤリたいようにヤレはいいんですが‥何がしたかったのか?何をしたいのか?目標を見失ってるような気がしています。

本屋のいいところは、自分の探してもなかった本を手に取ることもあること(これはAmazonでは無理かな)。もしくは、潜在的な興味を発掘できることでしょうか。もっと本屋さんでぶらぶらしないとね。何か見えてくるかもしれない(映画を急に観だしたのも同じ理由かな)。

ちなみに、22日からはボンベイ・サファイアのスペシャルバーがオープンしており、ジントニック1杯無料で楽しめちゃうどころか、SNS投稿でミニボトルプレゼントとあったのでもちろん貰っちゃいました(酒屋なのは内緒)。こんな本屋さんなのに色んなトピックへのリンクもあるのでこの場所は楽しい。

もう、俺も立派なリア充です!

で、バッテリーも新しくなりましたので、久々に液晶保護シートをヨドバシで調達。カバーも古くなったので、こちらはAmazonで調達(バンパーにしました)。うん、これでまだまだ闘える。というか、通信費として経費で落としてるので、経費も節約しないといけませんからね。

ちなみに、Mac使いですが、なにもスティーブ・ジョブスのシンパではない。そもそもあたしが初めて買ったMacはスティーブ・ジョブスが居なかった頃のApple製品だし(PowerMac 5500)。

これまで使ってきたMacだと、やはりPowerBook2400は名機中の名機ると言わざるをえないが、ジョブスの手掛けたものであれば、シェル型のiBook‥これは良かった。これまで使ったMacのノート型でも最高の作品だと思う。ただ、真っ白のiBookにはいい思い出がない。何度HDDがクラッシュしたか(これはHDDの問題だけど)。俺の憧れ、PowerBook G3はジョブスじゃないよね?G3のデザインが一番好き。今でも中古で買おうかと思うくらい。

ちなみに、Amazonプライムで観た「スラムドッグ$ミリオネア」が予想以上におもしろかったので、監督ダニー・ボイル繋がりで「トレイン・スポッティング」を久々に鑑賞、「2」はしれーっと上映終わっちゃったかな?この頃はユアン・マクレガーもまさかジェダイの騎士になるとは思ってなかっだろうなあ(遠い目)。

で、監督ダニー・ボイル繋がりで「スティーブ・ジョブズ」も観ました。こちらはアシュトン・カッチャーが主演ではない方です。




なかなかおもしろかったですよ。最初は(ジョブスに似てねーなー)と思ってたのですが、Appleに復帰するあたりからそっくりになってくるんです。いやあ、この映画に描かれているとおりジョブスなんて最低な野郎ですよ。何かとジョブスを信望する風潮はあたしにはわからない。もちろん優れたクリエイターですけどね。

この手の思想はワインと同じなのかもしれません。

生産者に思い入れがない‥わけではないが、出来上がった作品がどうか?が一番重要。生産者の「人となり」などに強い思い入れ、過剰な期待、加担をすると「選ぶ」という作業に「ブレ」が生じる。だから、イタリアには行きたいけれども、生産者の元へは正直どっちでもいい。

ワインの生産者かどうかは別として、ワインの消費が当たり前の生活、食、酒文化なイタリアでの生活はもっと経験したい。そういう意味では生産者の元でホームステイ、あ、だからアグリツーリズムとかあるんだな。なるほど。

生産者のことを好きになり「過ぎる」のはコワイんですよね。一線は引きたい。見て、知って良かったこともあるはずだが、逆もあるはずだしね。ほら、生産者どころか輸入元を信仰するタイプのヒトいるでしょ?俺には信じられない。正直、キモい。あっち行け。

ということで‥


写真 2017-05-22 12 56 09.jpg

奴 (やっこ)
住所:大阪府大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街

鯨、三種盛(900円)に、ハイボール最強!


俺、こっちのリア充の方が好き!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Franciacorta Brut Francesco 1 NV Uberti [毒味または晩酌]

写真 2017-05-19 18 03 24.jpg

Franciacorta Brut Francesco 1 NV Uberti
フランチャコルタ・ブリュット・フランチェスコ1 NV ウベルティ


まだ上級クラス2種類のセール在庫がありますので、このウベルティの基本のフランチャコルタは長らく売れおらずセラーの肥やしになっております。セール品との価格差を考えると仕方がありませんが、セール品はそれほど潤沢ではありませんよ。

ウベルティは比較的果実味が厚めでボディ感がある印象。ミネラル推しではなく果実味推しなイメージね。もちろん、NVですからロットによって少し違う。この在庫のひとつ前のロットは果実味推しでボディ感がありましたが、今回のロットはやや控えめでよりミネラルが前(だが果実味が勝る)。


端からNVというのも悪くない。大雑把なビンテージ評価に振り回されることもないからね。良いビンテージばかり売れ、そうでもないビンテージが売れないというなら、スーパータスカンならどうだろう?IGTも名乗らず、初心に戻ってVdTを名乗ってみては?ビンテージの記載を止めてみるのもいい。

もちろん、イマドキのフランチャコルタはデゴルジェメント時期などの明記があり、ある程度の収穫年を想像したり、ロットが変更されたのを想像することも可能だが、そう、いっそビンテージ表記もヒントもないスーパータスカンもいいかもしれない。中味が単一年かどうかも問わずに。VdTなんだからやりたい放題。それこそスーパータスカンだ。


いやいや、脱線した。このスタンダードクラスのレベルの高さは嬉しい。なかなか上級クラスなんてセール価格でもない限り買えないし、飲めないからね。上級クラスのセール品が売り切れても、このスタンダードクラスはホチボチ扱いたいと思います。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -