So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

誰も買ってくれないなら俺が飲むのです。 [毒味または晩酌]

写真 2016-12-29 19 20 48.jpg
 
 
一昨年あたりに完売した2005年、最後の1本は実店舗に転がっていましたが、どなたにも見つけてもらえず。

現行2011年ですから6年の追瓶熟成。2004年と2006年に挟まれて、評価もパッとしないビンテージですが、それらと比べるとお手頃価格で入手できるのでコスパ的には2005年ってとても優秀なワインが多いんですけどね。もちろん、どうせ買うならもう少し奮発しても2004年や2006年を‥というのも正しい。

サルヴィオーニのブルネッロは大好物。若い内のギラギラとした複雑さもいいんだけれども、熟成させるととてもしっとり艶やかになる。一番古いので1989年の経験がありますが、老ねずにフルーツがしっかり感じられるのもとてもいい。

2005年もたっぷりの果実味があるし複雑、しっとりと浸透する‥まるでヒアルロン酸かコエンザイムQ10的な潤いをもたらす。

先日再入荷した2009年もぜひ押さえるべき。2010年はもちろん、2011年もかなり良いビンテージとなったわけだが、2009年や2008年は価格が落ち着いててこれまたお買い得であるのは間違いない。

2005年や2008年、2009年は決してオフではないですからね。並年ならではのバランスは狙い目ですよ。
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

両手からこぼれ落ちるほどのコスパです [毒味または晩酌]

写真 2017-01-12 19 50 26.jpg
(最近はディアム社製の圧縮コルクを採用してくれる生産者が増えましたね‥嬉)


1,480円税込での販売ですが、トレビッキエリを獲得しています。

イタ専になる前からシャルドネ好きのビアンキスタですからね。低価格帯でも満足できるシャルドネ探しはしれーっと続けていたつもりですが、長らく採用されるワインがなかったのも現実。

ディ・レナルドも長らく扱ってませんでしたね。イタ専になった初期はロンコ・ノーレとか、ファーザーズ・アイとか一時期扱ってた記憶(遠い目)、イメージ、先入観‥。

公式サイトを拝見しますと、もっともスタンダードなクラスのシャルドネ単一品種。高額なフラッグシップワインばかりがトレビッキエリを受賞するのもおもろない‥と、思うと、こんなド・スタンダードなシャルドネが受賞するのはなかなか興味深い‥というミーハー混醸で飲んでみたら…。

あら、おいしい。

よくできてる。

そう。よくできてます。もちろん、この価格帯になるとそれなりの苦労、造り込みもあっての‥と思いますが、結局、伴わないもので造り込むと某新世界の某バカなワインにしかならないわけですが、これは違いますね。

この価格帯のステンレス仕上げのシャルドネだと、もっと前にミネラルがあり、未熟さすれすれのハーブ混じりな新鮮さがあるわけですが、思った以上に色が濃い、柑橘のみならず南国系フルーツなシャルドネもバッチリ、少しハチミツバター的リッチさもあり、ミネラルは決して前じゃない。予想以上に密度感、厚み、ボディがありまして‥

(ああ、二日目どころか、グラスの中でそのうちヌケるんでしょう?)

という予想も覆されます。

ハリボテ感もない。しっかり密度が伴っており、サイボーグ的外装で「体(てい)」を保っているだけではないのもいい。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

餅は餅屋とまでは言わないが‥ [毒味または晩酌]

写真 2017-01-19 20 30 12.jpg

Franciacorta Marchese Antinori Cuvee Royale NV Montenisa / Antinori
フランチャコルタ・マルケーゼ・アンティノリ・キュベ・ロワイヤル NV モンテニーザ/アンティノリ

これまではその醸造所名である「モンテニーザ」の名前の方が目立っていましたが、ブランド戦略の見直しか、所有者である「アンティノリ」を前面に打ち出した格好になりますね。しかも「マルケーゼ・アンティノリ」を冠するとなれば並々ならぬ意気込みも感じます。公式サイトを確認しますと現在6種類のフランチャコルタをリリースしている模様。

セパージュ比率はシャルドネが78%、ピノ・ノワールが12%、ピノ・ビアンコ10%。瓶内二次発酵期間は36ヶ月。テクニカルシートを確認しても、一次発酵はステンレスタンクで行われているようですが、一部樽発酵してないかなあと思わせるニュアンスが微かに。ガスの質量は上々ながら、シャルドネ感希薄で少しチープなラムネっぽさがある。

希望小売価格3,500円税別とフランチャコルタにしてはお手頃価格ですが、まあ、相応かな。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンタルチア@京町堀 [飲んだの喰ったの]

 
休日のランチ。 
 
サンタルチア
住所:大阪府大阪市西区京町堀1-9-17
電話:06-6444-8881  
 
IMG_7121.jpg
 
前菜の盛り合わせ。
 
うーん、やっぱりここのマヨネーズご飯は旨いわ。
 
フォカッチャもね。おこげ的な固い部分がいいのよね。 
 
IMG_7125.jpg
 
ジェノベーゼ(ナポリ風)。
 
ミンチ肉バーションでした。
 
テッパンですね。 

IMG_7129.jpg
 
鶏もも肉のロースト。
 
欲張ってしまった。 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -