So-net無料ブログ作成

informazioni sugli eventi

---
前の4件 | -

Leonus 2016 Cortonesi [毒味または晩酌]

写真 2018-06-17 20 41 18.jpg

Leonus 2016 Cortonesi

レオヌス 2016 コルトネージ

このIGTもサンジョヴェーゼ100%となるが、RDMは名乗らない。名乗らない理由は、ブドウが産出される畑がエリア内にないからかもしれないし、すでにRDMもあるので、若樹からのブドウでRDMを名乗るには相応しくないと判断されたのかもしれない。公式サイトの感じでもカジュアルなワインとしリリースしましたよーっと。という感じなので、そういう感じのIGT。

味わいも酸をしっかり感じる軽やかなミディアム。もうちょっと安かれば良かったんだけどね。RDMのコスパには勝てないな。ということで華麗にスルー。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Brunello di Montalcino 2013 Le Potazzine [毒味または晩酌]

IMG_3384.JPG
(コルクもなかなかいいでしょ)

Brunello di Montalcino 2013 Le Potazzine

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2013 レ・ポタッツィーネ

RDM2016年も割当少なくあっという間に完売御礼となりました。

今回はお待ちかねのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(BDM)となります。いやあ、やっぱりRDMと似てますね。系譜もヒシヒシ。もちろん、RDMよりも一回り大きさも感じると一層の深さや複雑さもある。共通項を感じさせつつも、そこはしっかりとBDMはBDMと納得の出来栄え。

2013年はトスカーナIGTなサンジョヴェーヴェもアベレージ以上でしたが、モンタルチーノも良さそうですね。RDM2016年もなかなかいいし、サンジョヴェーゼ好きには嬉しい限り。

レ・ポタッツィーネらしい硬質さを感じる様々なミネラルもお楽しみ。今なら、そんな硬さ、張りを感じつつもたっぷりの果実感を。もちろん、熟成耐性もあるぞー。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Felsinaオフ会に参加してきたった。 [飲んだの喰ったの]


正規輸入元であるテラヴェールさんの試飲会前の勉強会はお伝えした通り。その後、試飲会会場へ。今回の試飲会はイタリア特化でしたので、日頃扱っているものの再確認、やっぱり無理だなというのも再確認。収穫もありましたので、サンプルを買って今一度飲んでみようと思います。

なお、テラヴェールはイタリアの輸入担当(バイヤー)さんが変更になりますので楽しみです。前任と趣味が合わないという意味ではありません。たまには目線も変える必要もありますし、若い方に任せることも必要。ウチのようにひとりで運営だとそうはいかないけれども。

そして夜はFelsinaのアンドレアさんと一緒にオフ会というか食事会(ワイン会ではない)。

ロスティッチェリア・ダ・バッボ
住所:大阪市北区西天満2-7-17 寿ビル B1F
電話:06-6232-8265

IMG_3413.JPG

IMG_3416.JPG

IMG_3419.JPG

IMG_3422.JPG

IMG_3430.JPG

IMG_3435.JPG

フォンタッローロの2009年を、マエストロラロと答えたのは読み過ぎ(と、飲み過ぎ)でした。色はサンジョヴェーゼなんだけどなあ‥とブツブツ(酔いながら)言うてた記憶があります。なのにカベルネと答えたのは、そろそろ(順番的に)とか、引っ掛けなんでしょう?とか、ダメですね、ブラインドは素直にセオリー通りの答えを言わなければこういうことになります。

この日だけで1990年から始まり、5ビンテージほど飲みましたがやっぱりフォンタッローロは素晴らしいですね。もちろんランチャも大好きなんだけれども。総じてレベルが高い。そして安定しています。

なお、テラヴェールさんのFacebookには前担当のウオミ君にがっつりメンチを斬るあたしが晒されております。ちなみに、あたしの右隣に座るヒナちゃんは相変わらず性格がいいです。関西ワイン界で誰かひとりスタッフとして迎え入れることができるなら彼女しかありません。



ヒナちゃん、早く弊社をタカムラに吸収して下さい(←お前が行くんかよ)



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お勉強会@サンタルチア [飲んだの喰ったの]


お勉強会です。

今回は輸入元テラヴェールさんの試飲会前。会場が西梅田のモントレでしたので、肥後橋まで一駅、やっぱりココが便利だし、やっぱりココがおいしい。ダリオもいい仕事してくれるので助かります。


サンタルチア
住所:大阪府大阪市西区京町堀1-9-17
電話:06-6444-8881 

IMG_3397.JPG

Gavi 2016 La Raia
ガヴィ 2016 ラ・ライア

一時欠品をしていたラ・ライアのガヴィ2016年がようやく再入荷しました。2016年をご案内したのは昨年の9月ですので9ヶ月ほど経過していますね。その分、フレッシュさは落ち着き、さらに果実味がしっかりしたように思います。

サタルチアの前菜盛り合わせとの相性も抜群。最近、盛り合わせのど真ん中に必ずあるニンジンのマリネ好きなんですよねえ。マヨネーズご飯も健在だし、SFCも‥ありがたい。

IMG_3399.JPG

実は2016年のガヴィ再入荷に合わせて同じ2016年のSO2無添加版も輸入されましたので、添加した2016年と無添加の2016年の飲み比べをしました。

添加しなかった。だけではなく、添加しないことによるリスクを回避、減らすための工夫がありそれを踏まえて完成したSO2無添加版となります。

イメージとして無添加に越したことはない、無添加の方が良いと思われがちですが、無添加にすることのリスクや、そんなリスクを現実化してしまったにも関わらず、それが自然なものとして肯定されているワインもいまだに市場にあることを残念に思います。

ラ・ライアのSO2無添加版は、無添加にするために、人為的な工夫、関与があるわけです。それが彼らの求めていたものかどうかは知りませんが、そこまでして無添加にする必要があるのかは疑問です。

個人的にはワインとしてのバランスは添加したものの方が好き(そう、好きか嫌いかであり、正しいか否かではありません)。これもどちらを最初に飲んだか?にもよりますけどね。最初から無添加を飲んでいれば、添加した方を異質に感じるかもしれませんから。

IMG_3401.JPG

とりあえずマルゲリータはマストです。

IMG_3404.JPG

Fontalloro 2010 Felsina
フォンタッローロ 2010 フェルシナ

今回の試飲会はフェルシナから営業さんが来日されていますので、このフォンタッローロ飲み比べが今回の本題。すでに現地現行は2012年どころか2013年もとっくにリリースされているような気もしますが、日本市場は幸運なことにまだ2010年もある。そんな2010年と、20年を経た最上ビンテージのひとつである1990年を飲み比べましょう。

いやあどっちも旨めーなー。

1990年もまだまだイケちゃいそうですね。2010年、5,980円とか嘘でしょう?

IMG_3408.JPG

ランチのパスタはボロネーゼ(右)だったんだけれども、メニューにイカスミを発見!ということでこんな感じにして頂きました。

やっぱりココはイタリアだなあ。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -